※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

しょうべんうらない
『小便占い』

― 岡山県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 なんと昔があったそうな。
 あるところに爺さんと婆さんがおって、その日の米にも困るほどの貧乏暮らしじゃったそうな。正月がきたというのに餅(もち)一臼(ひとうす)もよう搗(つ)けず、魚の一切れもよう買わなんだ。
 「婆さんや、今日は正月じゃというのに、雑煮を祝うことが出来ん。よそではうまい雑煮を祝うとるじゃろが、こらえてくれぇのう。それでも、ぬくぬくと寝とれるだけええ。うちは、今年は寝正月じゃ、ええ寝正月としょうぞい」
 そう言うて、爺さんと婆さんはこたつの中で寝とったそうな。
 しばらくして婆さんが小便しに立った。
 狭い家じゃから、爺さんの寝とる枕元まで小便の音が聞こえてくる。

 「チャウリ チャウリ チャウリ チャウリ」
と鳴って、最後に、
 「ビッチュ-」
と屁をこいたそうな。
 爺さん、それ聞いとって、はたと手を打った。
 「こりゃあ、ええ年になるぞ。正月さまの知らせじゃ。備中へ茶売りに行けば儲かるぞ」
 爺さんは金を借りるだけ借りて茶を仕入れ、備中へ売りに行った。

岡山の民話【小便占い】挿絵1挿絵:かわさき えり

 すると売れるは売れるは、茶が飛ぶように売れて、たいそう儲かったそうな。
 ところが隣りの婆さんがこの話を聞いて、
 「爺さん、爺さん、耳よりな話を聞いて来たで。隣りの爺さんな、婆さんの正月の小便の音で占(うらの)うて、そいで茶売りに行ってぼっこう儲けたそうな」
 「そんなら、今度の正月にはうちでも占うてみるか」
 次の正月に隣りの爺さんは婆さんをせかせて小便しに行かせた。
 「そんなら行きますで、しっかり聞いとくんじゃぞい」
 「わかった、わかった、しっかり聞いとくで、早よせい」
 やがて、
 「チュ- チュ- チュ- チュ-」
と音がした。
 爺さんが、何を売りに行けっちゅうとるのやろと思案していると、婆さんな、力を入れすぎて「ブ―」とやった。
 隣りの欲張り爺さんな、その年、中風になって寝こんでしまったそうな。
 だから、日頃から便所はきれいにするもんぞ。

 昔から便所には食べ物を司どる便所神様がおるっちゅうからな。
 便所に、ご飯をお供(そな)えする家もたくさんあるくらいじゃ。

 むかしこっぽり杵(きね)のおれ

岡山の民話【小便占い】挿絵2挿絵:かわさき えり

「小便占い」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

小便占い(しょうべんうらない)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

そこつ そうべえ

そこつ そうべえ

むかし、むかし、あるところに、そうべえさんという、それはそれはそそっかしい男がおった。あるとき、そうべえさんは、一つ山を越えた町のお宮さんへおまいり…

この昔話を聴く

法印様と女房(ほういんさまとにょうぼう)

法印様と女房(ほういんさまとにょうぼう)

とんと昔があったと。昔、丸坊主頭(まるぼうずあたま)の法印様(ほういんさま)と女房(にょうぼう)が連れだって旅をしたと。長い道中で、女房が小便が出たくてたまらなくなった。

この昔話を聴く

あぐばんば

あぐばんば

土炉(じろ)の灰(あぐ)を悪戯(えたずら)して掘るど、その穴がら灰ばんば出てくるぞ。昔(むがし)、あったけど。隣の隣の村さ、灰ばんば居(え)たけど。

この昔話を聴く

現在784話掲載中!