※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

しんまいぎつね
『新米ギツネ』

― 岡山県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある山ん中の峠(とうげ)にお茶屋があって、お爺(じい)さんとお婆(ばあ)さんが住んでおったそうな。
 峠を越(こ)す者は誰(だれ)でも、茶を飲(の)んだり、まんじゅうを食うたりして、そこで一休(ひとやす)みして行ったもんだと。
 ある晩げ、もう誰(だあれ)も山越えをする者がおらん時分(じぶん)に、お侍(さむらい)が一人、
 「ゆるせ」
 言うて、えらそうに、ドスン、ドスンと入って来た。
 お婆さんが、
 『今頃になってのお侍の客は、厄介(やっかい)なことじゃ』

 思いながら、盆(ぼん)に茶を乗せて迎(むか)えてみたら、着物もはかまも立派(りっぱ)なものだし、刀(かたな)も大小ちゃんと差してはいるが、本当の侍とはちょっと違う。何かおかしいそうな。
 曲(まが)った腰(こし)をのばして、下から上へ、ゆるゆる見上げてみると、何と、顔には毛がピンピン生えて、あごの先がとんがっとる。耳というたら三角で、ぴんと立っとった。
 『あゃあ、このお侍は、尻尾(しっぽ)こそ見えんが、まあんず化けはじめのキツネじゃなあ』
 と正体を見破ってしまった。
岡山の民話【新米ギツネ】挿絵1挿絵:かわさき えり

 お婆さんは、
 『このキツネはまだ新米(しんまい)じゃな。下手(へた)くそじゃわい、化けるのが』
 思うたら、おかしくて、おかしくて、吹き出しそうになったけど、横を向いてこらえとったそうな。
 片腹(かたはら)をおさえながら奥へ行って、
 「お爺さんや、こりゃあキツネじゃろうで。キツネがどがあな様(さま)をするか、ひとつ見てやろうかい」
 言うて、内緒話(ないしょばなし)をして見とったら、
 「飯(めし)の支度(したく)をしてくれ。夕飯(ゆうめし)がまだすんどらんのじゃ」
と、天井(てんじょう)向いて、いばって言いつける。

 「へぇへ。見られるとおりの田舎(いなか)家で、食べてもらえるような物は何もござんせん。茶漬(ちゃづけ)にコウコがあるぐらいのことですが」
 言うて、気の毒がってみせたら、侍は、
 「そりゃあ、いっこうに構(かま)わんが、ここには油揚(あぶらあ)げはないか。わしは油揚げが好きで、あれさえありゃあ、他(ほか)には何もいらん」
 言うもんだから、爺さんと婆さんは、
 「やっぱりなぁ」
 言うて、顔を見合わせて、にんまり笑ったそうな。
 「まあ、油揚げいいましても、豆腐屋(とうふや)は遠(とお)うて、三里下(さんりしも)にありますんで、買いに行きようもありませんけえ、ごかんべんくださりませ」
 言うて、お婆さんが金(かね)だらいに水をいっぱい汲(く)んで、持って行ったそうな。

「おくたびれなったろうから、まあ、水なとお使い下さりませ」
 言うて、手拭(てぬぐい)をそえて出したところが、
 「そうか、飯食う前には手を洗うんじゃな。ついでに顔も洗うかな」
と、ひょいと下を向いたら、自分の顔が水に映(うつ)っとる。化けそこないの顔が。
 「やれ、恥(はず)かしや」
と思うたかどうか知らんが、
 「キャン、キャン」
 鳴いて、ひとっ跳(と)びに跳んで逃げたそうな。

 あくる日、お婆さんが沢へ下(お)りて洗濯(せんたく)しておったら、脇(わき)の木陰(こかげ)から、小っさい声で、
 「ババ、ババ」
と呼ぶ者がある。
 「誰かいのう、こんなところでわしを呼ぶのは」
 思うて、キョロ、キョロ見まわしたが、姿を見せん。
 「ババに、何用かいなぁ」
 言うたら、木陰で、
 「ババ、夕べはおかしかったなぁ、あははは…」
 言うて笑うもんだから、お婆さんも、
 「おう、おかしかったわい、はぁはぁ、はぁ…」
 言うて、一緒(いっしょ)に笑うたそうな。
 あれを知っとるとは、ゆんべのキツネじゃな、と、お婆さんにはすぐにわかったそうな。

 それもそれもひとむかし。


岡山の民話【新米ギツネ】挿絵2挿絵:かわさき えり

こんなおはなしも読んでみませんか?

馬方と鬼婆(うまかたとおにばんば)

馬方と鬼婆(うまかたとおにばんば)

むかし、馬を引いて荷物を運ぶ、ひとりの馬方(うまかた)がおった。ある日、馬方は山を越えた村へ出かけて行った。塩と魚をたあんと馬に背おわせて、コットリコットリ、峠(とうげ)までくると日が暮れてしまった。するとうしろから・・・

この昔話を聴く

大きな手(おおきなて)

大きな手(おおきなて)

 むかし、紀州(きしゅう)、今の和歌山県の有田(ありた)と日高(ひだか)の郡境(ぐんざかい)にある鹿ケ瀬峠(ししがせとうげ)というところへ、惣七(そうしち)という猟師(りょうし)が猪(いのしし)を撃(う)ちに行ったそうな。  いつものように犬を使って猪を追い出そうとしたが、その日にかぎって一頭も出てこん。

この昔話を聴く

たなばた女房(たなばたにょうぼう)

たなばた女房(たなばたにょうぼう)

昔、ある山の村で、作物(さくもつ)を荒(あ)らしまくった狐(きつね)が、山狩(やまが)りにあって逃(に)げ場(ば)を失い、炭焼(すみや)き小五郎(こ…

この昔話を聴く

現在719話掲載中!