※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

かもとりごんべえ
『鴨取り権兵衛』

― 岡山県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、権兵衛(ごんべえ)さんという鉄砲撃ち(てっぽううち)の名人がおったそうな。

 この権兵衛さんが、鉄砲をかついで奥の沼に行った時のこと。
 沼には、カモが七・八羽泳いでいる。
 <何とか全部とりたいもんじゃ>
 考えたあげく、権兵衛さんは、鉄砲の尻をブルンと震わせて撃(う)ったんじゃ。 すると、八羽全部に当たった上に、弾(たま)は、まだまだ飛んで行って、向こうの岸で寝(ね)ておった狸(たぬき)にブチ当たった。

岡山の民話【鴨取り権兵衛】挿絵1挿絵:かわさき えり
沼では、あっちでも、こっちでも鴨がバタバタもがいている。向こうでは狸が、ガリガリ土をひっ掻(か)いて狂(くる)っておる。
 「いや、はや、こりゃ……」
 権兵衛さん、嬉しくて言葉にならないんだと。
 「とにかく、鴨を拾うべぇ」
と、沼の中にバシャバシャ入っていって、鴨を皆集めると、沼から上がろうとした。
 そのとたん、泥(どろ)に足を取られて、ツルンと滑(すべ)ってしまった。

 <ハッ>と、思って、夢中で岸の草をつかんだら、これが、なんと兎(うさぎ)の耳じゃ。
 「いや、こりゃ、何と……」
 権兵衛さん、いよいよ言葉にならんのだと。
 ようやく沼から上がって狸に近寄ってみると、狸は苦しまぎれに、土をひっ掻いて、山芋を掘(ほ)り出しておった。
 そこで又、山芋をスポンスポン抜いて、ツタを捜(さが)して来て束(たば)ねておると、何かこう、尻のところがモゾモゾするんだと。
 で、フンドシを外してみたら、中には、ドジョウやら、フナやらが沢山(たくさん)入っていた。
 「さては、水ん中で転んだ時、小魚め、驚(おどろ)いて、フンドシの中にかくれ込んだな」
 「こりゃ大漁(たいりょう)じゃ。一発の弾で、鴨と狸と兎。おまけに山芋と小魚とは……」
 権兵衛(ごんべえ)さん、鉄砲撃ちできたえた厳(きび)しいまなこも、この時ばかりは、八の字に下がりっぱなしだったと。

 昔こっぽり、とびのくそ。


「鴨取り権兵衛」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

欲張りはダメだね( 20代 / 男性 )

楽しい

たった1発の弾で、こんなに獲物が取れるなんて偶然すぎるけれども羨ましい( 10代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

山におった鯨(やまにおったくじら)

山におった鯨(やまにおったくじら)

この紀州(きしゅう)の国(くに)じゃのう、昔から十一月の七日は、山の神さんのお祭りじゃゆうて、猟師(りょうし)も樵(きこり)も決して山には入らんもん…

この昔話を聴く

虎と蝸牛の競争(とらとかたつむりのきょうそう)

虎と蝸牛の競争(とらとかたつむりのきょうそう)

むかしむかし、ある竹藪(たけやぶ)の中に、大きな虎が一匹住んでおったと。虎は日ごろから、ひととび千里(せんり)じゃ、と走ることの早いのを自慢(じまん)にして、いばっておったと。

この昔話を聴く

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

昔昔のあるとき、和泉の国の岡田浦で鯛とふぐが一緒に漁師の網にかかって死んでしまったと。鯛とふぐは連れだって西の方へ歩いて行った。三途の川も渡って、なおも歩いて行くと・・・

この昔話を聴く

現在823話掲載中!