※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

たまごはしろなす
『卵は白茄子』

― 岡山県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるお寺に和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんとがあった。
 和尚さんは食べることが大好きで、小僧さんに隠(かく)れては何(なん)ぞ口に入れとったと。
 ある日、和尚さんが卵をゆでて食べようとしていたら、そこへ小僧さんが檀家(だんか)さんを案内して入って来た。

 和尚さん、あわててゆで卵を後手(うしろで)に隠したが、見つかったと。小僧さん、
 「和尚さん、そりゃ何ですいゃぁ」
と聞いたら、
 「う、うん、これか、こりゃ白茄子(しろなす)じゃ」
と言うた。

卵は白茄子挿絵:かわさき えり

 小僧さん、
 「へえ、白茄子ですかいやぁ」
と言うたら、そこへ鶏(にわとり)が、
 「ほっけぼうず、こけこーろ」
と啼(な)いた。小僧さん、檀家さん、顔を見合わせ、ニコッとすると、
 「和尚さん、和尚さん、今、ほっけぼうずこけこーろと、白茄子の親が啼きました」
と言うた。
 和尚さん、檀家さんの前で往生(おうじょう)したと。


  むかしこっぽり。

「卵は白茄子」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

英語でeggplantというだけあって、外国の白いナスは本当に卵そっくりなんですよね。昔の日本にもあったのかな?( 男性 )

楽しい

「卵は白茄子」は、約2分とかなり短いお話だけど、頓知のような小僧さんの言葉の面白さが凝縮されていて良いお話だと思いました。( 10歳未満 / 男性 )

楽しい

いつも楽しみにしています。 白茄子のお話はとても面白かったです。 これからも沢山のお話を載せてください。( 40代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

馬追鳥(うまおいどり)

馬追鳥(うまおいどり)

昔、あるところに七つと十ばかりになる兄弟がおったそうな。母親が死んで、まもなく継母(ままはは)が来たと。継母は性(しょう)のきつい人で、二人を山へ芝刈りにやったり、畑へ肥(こ)え桶(おけ)を運ばせたり、谷川へ水を何度も汲(く)みに行かせたり、朝から晩まで働かせたと。

この昔話を聴く

猿の一文銭(さるのいちもんせん)

猿の一文銭(さるのいちもんせん)

むかし、ある山の中に爺と婆が住んでおったと。爺と婆は、山の畑で豆だの大根だの野菜を作り、それを町へ売りに行って暮らしておったと。あるとき、爺が、大根…

この昔話を聴く

継子ともぐら(ままこともぐら)

継子ともぐら(ままこともぐら)

むかしむかし、ある村に百姓家(ひゃくしょうや)があって、そこのお母ちゃんが継母(ままはは)であったと。田植えどきになったが雨の一粒(つぶ)も降らない…

この昔話を聴く

現在853話掲載中!