※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

たじみとうげのおとんじょろぎつね
『たじみ峠のおとんじょろ狐』

― 岡山県 ―
出典 「なんと昔があったげな」下巻所収
   『おとんじょろ狐』岡山民話の会編
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 なんと昔があったげな。
 因幡(いなば)の国のかわばら村というところから、鳥取の城下町にはいる小径(こみち)に、たじみ峠(とうげ)という坂があって、そこに、“おとんじょろ”という狐(きつね)がおった。とても性質(せいしつ)のいい狐で、ほかの狐はよう人をだますけれども、この狐は決して人をだまさないのだと。

 
あるときのこと。二人の旅人がたじみ峠へさしかかったところで日が暮れてしまったと。あいにく提灯(ちょうちん)はないし、お月さまもないし、困っていると、旅人の一人にいい思案が浮かんだ。
 
 「ここには“おとんじょろ”という、とてもいい狐がおるんだが、それに頼んでみようじゃないか」
 「そんなことが出来るんかな」
 「そりゃどうかな。ただ困った者を助けてくれたということを昔から聞いとるんだが、やってみなくてはわからん。」
 「それならひとつ頼んでみようか」
 「よかろう」
 「おおい、おとんじょろやぁ、道が暗くて困っているんだが、何とかならないかなー」


 大きな声で山に向かって叫(さけ)んだところ、不思議なことに、向こうの山の尾根にボーッと赤い火がともったと。
 
たじみ峠のおとんじょろ狐挿絵:福本隆男

 
するとまた、向こうの木の上にボーッと火がともって、あそこでもここでもという具合にポツリ、ポツリと火がともって、あたりがとても明るくなったと。
 「ああ、ありがたいなあ。いい狐だなあ。おとんじょろやぁ、頼むぞう」
 旅人二人は、おとんじょろがともしてくれた明かりで、安心して峠の坂道を上り、下って行ったと。小径をなをも行くが行くが行くと、やがて鳥取に通じる大きな道との出合(であい)にさしかかったと。


 「ここまで来れば、もう大丈夫。おとんじょろにはすっかり世話になった。何かお礼をせねばなるまい」
 「そうだの、おうそうだ、幸いにもわしは油揚(あぶらあげ)を持っている。狐は油揚が好きだというから、ここに置いていってやろう」
 「ああよかろう、よかろう」
というて、岩の上に油揚を五・六枚置いたと。
 
たじみ峠のおとんじょろ狐挿絵:福本隆男


 そして、
 「おとんじょろやぁ、ありがとう。これで広い道になったから、もういいぞう。ここに油揚が少しばかりあるから、みんなで食べてくれぇよう」
というて、広い道を歩き出したら、ボーッとともっていた赤い火が、あそこのがひとつ、ここのがひとつ、という具合にパッ、パッと消えて、ついにはみな消えてしまったと。
 
 むかしこっぽり鳶(とび)の糞(くそ)。
 

「たじみ峠のおとんじょろ狐」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

鳥取市の立見(たちみ)峠には、『おとんじょろう狐』という違う昔話が伝わっています。( 40代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

十六人谷(じゅうろくにんだに)

十六人谷(じゅうろくにんだに)

むかし、越中、今の富山県の山奥の谷で、十六人のきこりと一人の飯たきの爺さまが仕事をしていた。毎日、毎日、斧をふるう音がコーン、コーンと谷じゅうに木魂した。

この昔話を聴く

秋祭り(あきまつり)

秋祭り(あきまつり)

むかし、むかし、ある畑で秋祭りがあった。昼にはネズミの相撲大会(すもうたいかい)、夜にはネズミの夜店(よみせ)がずらーっと並んで、大賑(おおにぎ)わ…

この昔話を聴く

三毛猫の経立(みけねこのふったち)

三毛猫の経立(みけねこのふったち)

むかし、あるところに爺さんと婆さんとが暮らしてあった。爺さんと婆さんは長年一匹の三毛猫をかわいがっていたが、今ではすっかり年を経た古猫になっていたと。

この昔話を聴く

現在800話掲載中!