※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

はまちどりにょうぼう
『浜千鳥女房』

― 沖縄県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、沖縄県のある海辺りに若い夫婦が住んでいたそうな。
 女房は、毎日漁船(ぎょせん)から魚(さかな)を受け取って、それを市場に行って売る、夫は、家の仕事をあれこれやっておったと。
 ん? 何に何に、女房と夫の仕事が逆(ぎゃく)ってか? いやいや、沖縄の女子(おなご)はよう働くのが多いんじゃ。この女房もきっとそうじゃったのだろうて。得心(とくしん)したか? よしよし。
 さて、あるときのこと。市場に行った女房の帰りが、いつになく遅いのだと。心配になった夫が捜(さが)しに行ったと。
 「魚が大漁で、市場での売りさばきで遅いのかなあ」
とて市場に行ってみたがいない。 

 「魚が少ないので遅くまで浜にいるのかなあ」
とて浜辺へ行ってみてもいない。
 誰れ彼れなくつかまえては、
 「女房見なかったか」
とて尋(たず)ねてみるのだが、誰れも女房を見た者はなかったと。
 とぼら、とぼら歩いていたら、小っさい鳥が、干してある網にからまってもがいておった。
 夫は、その鳥を網からはずして逃がしてやったと。 
挿絵:かわさき えり
 

 家に戻って寝ないで待っていたが、とうとう女房は帰って来なかったと。
 そうして、何日も何日も経ったと。

 ある日、夫が縁側に腰かけてぼんやり外をながめていたら、見たことのない綺麗(きれい)な女が屋敷内の井戸の前に来て洗濯(せんたく)を始めたと。
 「どこの女だろう」
とて思うたが、とがめもせずにそのままにさせておいたと。
 そしたらその女は、ときどき来て洗濯するようになったと。

 ある日、夫が外仕事から帰って来たら、家の台所でその女がご飯の支度をしていたと。
 「あの、ここは俺ら家(え)の台所ですが、あなたはどこの方でございますか。どうして俺ら家の台所で働いていらっしゃるのか」
とて聞くと、女は、
 「私は、あなたへのご恩返しに食事の支度をしておりました」 

 「ああ、そうか」
 夫は、井戸を使わせてやったお礼かな、とて思うたと。
 晩ご飯が済んで茶飲(ちゃの)み話をしたと。夫が、
 「まだ、あなたの名前を教えてもらっていませんが」
とて言うと、女は、
 「私は、千鳥(ちどり)といいます。だけど、この千鳥という名前は誰にも教えないで下さい」
とて言うたと。
 千鳥という女は、毎日やって来ては、食事、洗濯、掃除と家の仕事をこまごま、まめまめやってくれる。夫はありがたがったと。 

 ある時、夫の友達が家へ用事で訪ねて来た。すると、女房が行方知れずで一人者だったはずなのに、綺麗な女がいる。
 「ありゃ、こりゃどういうことだ」
とて、夫に尋ねた。
 「いや、なに、この女(ひと)がいろいろ世話をして下さるので、助かっているところだ」
 「こんな綺麗な女がいるとは、お前(め)えもすみに置けないな。名前は何という。紹介しろよ」
 「いや、なに、千鳥という名前だ」
 夫は、つい言うてしまったと。
 それを聞いた千鳥という女は、悲しい顔をしてうつむいたまま、夫の友達が何を話しかけても物を言わんかったと。
 友達は、けげんな顔して帰った。すると、千鳥という女は、
 「私の名前が千鳥だとあなた以外の人に知られたからには、もうここにいることは出来ません。あれだけ注意して下さいとお願いしていましたのに、残念でなりません。実は私は、浜で網にからまっているところを助けていただいた浜千鳥です」
 

 というと、見る見る浜千鳥になって、ピ―ッと鳴いて飛んで行ったと。

 おしまい。
挿絵:かわさき えり
 

「浜千鳥女房」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

浜千鳥女房(はまちどりにょうぼう)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま)

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま)

むかしむかしの大昔。森の奥で鳥の鷹(たか)たちが大勢集まって、酒盛(さかも)りを開いて、賑(にぎ)やかに飲んだり歌ったりしていたと。何でも、鳥の王様…

この昔話を聴く

鬼と山芋(おにとやまいも)

鬼と山芋(おにとやまいも)

むかし、あったとさ。上州(じょうしゅう)、今の群馬県の白根山(しらねさん)に、それはそれはおっそろしい鬼(おに)が住んでおった。その鬼は腹が空(す)…

この昔話を聴く

沼の貸し膳(ぬまのかしぜん)

沼の貸し膳(ぬまのかしぜん)

むがす、あるどごろに貧乏な爺さまと婆さまがいだど。爺さまは毎日山で柴を刈り、それを町で売って暮らしを立てていだったと

この昔話を聴く

現在777話掲載中!