※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

あかまたむこいりとはまうりのゆらい
『アカマタ聟入りと浜下りの由来』

― 沖縄県 ―
語り 井上 瑤
再話 新城 真恵
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところにね、機織り(はたおり)の上手な美しい娘がいたって。
 その娘のところにね、夜な夜な、赤い鉢巻(はちまき)をした美しい男が通(かよ)って来るんだって。
 そして二人で夜更け(よふけ)まで楽しそうに話したり笑ったりしてるんだって。
 それを見た隣(となり)のお婆(ばあ)さんがね、不思議に思って、その娘に、
 「あんたは誰と話しているの。あれはね、人間ではないよ。マジムン(化物)だよ。ためしに針にね苧(うー)籠(ウー・バーラー)の苧を通して、男の着物の裾(すそ)に刺しておきなさい」
 ってね、教えたんだって。

アカマタ聟入りと浜下りの由来挿絵:かわさき えり
 娘はね、その隣のお婆さんに教えられた通り、針に苧籠の苧を通して、その美しい男の着物の裾に刺しておいたんだってさあ。
 そしてね、明け方近くなってね、帰って行く男の引きずっている苧の後をたどって行くとね、その男は洞穴(ほらあな)の中に入って行くんだって。
※苧(うー)・・・イラクサ科多年草、長さ1m~2m、別名「からむし」。麻の一種で、茎の皮の繊維をほぐして糸を作ります。
 また、本来「お」と読みますが、沖縄では「うー」と呼ばれることがあります。

 そこで、お婆さんがそっと洞穴の中をのぞいてみるとね、アカマター(蛇)が体に針を刺されて、苦しそうにのたうちまわっているんだって。そしてね、
 「自分は針を刺されたので、もうすぐ死ぬが、人間に子供をつくって来たから悔いはない」
 って、仲間のアカマターに話してるんだってさあ。すると仲間のアカマターがね、
 「人間は利口だから、三月三日に浜下り(はまうり)をして、浜の白砂を踏(ふ)めば、子供は全部おりてしまうよ」
と言ってるんだって。
 それを聞いたお婆さんは、さっそくその娘に教えたんだって。
 娘はお婆さんの言いつけ通り、浜に下りて白砂を踏んでたくさんの蛇(へび)の子をおろしたんだってよ。
 それ以来、女は三月三日には浜下りをするようになったんだってさ。

アカマタ聟入りと浜下りの由来挿絵:かわさき えり
 そんな話よ。おしまい。

「アカマタ聟入りと浜下りの由来」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

同じような菖蒲酒の話が岐阜にもあり驚きました!( 20代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

味噌買橋(みそかいばし)

味噌買橋(みそかいばし)

むかし、あったと。飛騨乗鞍(ひだのりくら)の奥山(おくやま)深く分け入った中に沢上(そうれ)という谷があって、長吉(ちょうきち)という正直な炭焼きが…

この昔話を聴く

節分の鬼(せつぶんのおに)

節分の鬼(せつぶんのおに)

むかし、むかし、あるところに貧乏(びんぼう)なトトとカカがおったと。ある節分(せつぶん)の夜のこと、あちこちの家では、「鬼(おに)は外、福は内」って豆まきが始まったと。

この昔話を聴く

古屋の漏り(ふるやのもり)

古屋の漏り(ふるやのもり)

むかし、山奥の家で、爺さまと婆さまが、一匹の馬を飼っておった。ある雨がざんざ降りの夜に、虎がやってきて、馬をとって食おうと馬小屋にしのびこんだ。家の…

この昔話を聴く

現在853話掲載中!