1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 大阪府
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

大阪府の昔話(全6話)

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

昔昔のあるとき、和泉の国の岡田浦で鯛とふぐが一緒に漁師の網にかかって死んでしまったと。鯛とふぐは連れだって西の方へ歩いて行った。三途の川も渡って、なおも歩いて行くと・・・

この昔話を聴く

たいとふぐ

たいとふぐ

むかし、あるところに鯛とふぐとがおったと。鯛とふぐは漁師の網にかかって死んだと。死んだんで極楽へ入れてもらわんならん言うて・・・

この昔話を聴く

三つ目小僧(みつめこぞう)

三つ目小僧(みつめこぞう)

昔、大阪の町に、ひょんな見世物(みせもの)を見せて歩く親方がいよったと。ろくろ首の女とか、腰(こし)から下が魚の人形など、いいかげんにこしらえて本物…

この昔話を聴く

蛙石(かえるいし)

蛙石(かえるいし)

むかし、あるところに蛙(かえる)によく似た形をした大きな石があったと。村の年寄(としよ)りたちは、子供たちに、「あの蛙石(かえるいし)な、こわいぞ。

この昔話を聴く

茨木童子(いばらきどうじ)

茨木童子(いばらきどうじ)

昔、千年ほども遠い昔、摂津(せっつ)の国(くに)茨木(いばらき)の里の百姓家に、一人の男の子が生まれた。ところがこの子、父も母も普通の体(からだ)な…

この昔話を聴く

寝屋川の三毛猫(ねやがわのみけねこ)

寝屋川の三毛猫(ねやがわのみけねこ)

昔、河内(かわち)の国の寝屋川(ねやがわ)の里に、おしん婆さんという、それはそれは猫(ねこ)好きのお婆さんがおったと。はじめは二、三匹だった猫がたち…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい
「民話の部屋」の感想

初めて聴いたのは、もう30年以上も前だったと思います。その頃は電話で聴いていました。 買ったパンの袋に小さく電話番号が書いてあって。そして今も続いていることに驚きと感動です! Facebookでも多くの方に知ってもらいたく投稿しました。 今後も楽しみにしています!( 60代 / 女性 )

怖い

『赤マントやろかー」がほんとにあったらマジでやばい。

もっと表示する
悲しい
雪ん子」の感想

悲しい…。読んでて雪ん子ちゃんの儚さがつたわってきた。また同じパパとママのところへ戻ってきてほしいです。( 20代 / 女性 )

悲しい
五平の鉄砲」の感想

猫……( 30代 / 男性 )

驚き
「民話の部屋」の感想

面白い( 10歳未満 / 女性 )

驚き
蛇きのこ」の感想

エロティシズムを感じる 夢野久作の小説に出てきそう( 20代 / 女性 )

驚き
鶯女房」の感想

部屋が外なんて驚き

感動
七夕女房」の感想

いいお話!( 10歳未満 / 男性 )

驚き
偽の汽車」の感想

ふつにそんなに寝ぼけないとおもう( 10代 / 男性 )