※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『たいとふぐ』

― 大阪府 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに鯛(たい)とふぐとがおったと。
 鯛とふぐは漁師の網にかかって死んだと。
 死んだんで極楽へ入れてもらわんならん言うて、三途(さんず)の川渡って、なおも行くが行くが行くと大きな門があった。
 そこに赤鬼と黒鬼と閻魔(えんま)さんがおった。ここは閻魔さんが地獄と極楽の振り分けをするところだと。

大阪の民話【たいとふぐ】挿絵1挿絵:かわさき えり

 鯛が閻魔さんに、
 「わたしを、どうぞ極楽へやって下さい」
と言うと、閻魔さん、
 「うん、お前は婚礼(こんれい)や、めでたいときに使われて人間を喜ばしてきたから極楽にやってやる」
と言うて、極楽の門を開けて入れてくれたと。

 ふぐも閻魔さんに、
 「私も鯛どんと一緒に網にかかって死んでしもた。鯛どんと仲ようここまで来たんだから、極楽で一緒に住みたい」
と言うた。そしたら閻魔さん、
 「いや、お前は人が食べたら毒をもって命をとるやつだから、極楽へは行けん。地獄じゃ」
と言うた。そしたらふぐが、
 「行けまへんか。ほんなら、もう地獄は承知しましたけんど、せめて鯛どんに別れを言わせておくれな。あの極楽の門をちょこっと開けて、中ぁ見せてやって下さい。鯛どんも心配して、まだ門から離れてないはず」
と言うた。閻魔さん、
 「ほんのちょこっとの間だけじゃぞ」
言うて、赤鬼に命じて極楽の門、少しだけ開けさせたと。
 そしたらなんと、ふぐがするっと中に入ってしもた。赤鬼があわてて、
 「こら、お前は地獄行きなのに極楽へ入ったらいかん。出てこい。やい、戻れ」
と、おらんだと。

 そしたらふぐは、
 「ふぐは内、鬼は外」
と言うて、豆をまいた。
 それから、節分にはこう言うて豆をまくようになったと。


  むかしのたねくさり。

 
大阪の民話【たいとふぐ】挿絵2挿絵:かわさき えり

「たいとふぐ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

たいとふぐ

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

茗荷もの忘れ(みょうがものわすれ)

茗荷もの忘れ(みょうがものわすれ)

むかし、あるところに一軒の宿屋があった。この宿の主人はとても欲が深く、部屋に忘れもんがあると、みんな自分のものにしてしまうような人だったと。あるとき…

この昔話を聴く

廊下を歩く人(ろうかをあるくひと)

廊下を歩く人(ろうかをあるくひと)

 私の父は、怪(あや)しいものをてんで信じない人でした。  昔、まだ道路がついていなかった頃(ころ)、高知に用のある人は、みんな相川(あいかわ)の山を越(こ)え、土佐山(とさやま)を抜(ぬ)けて行かなければならなかったといいます。

この昔話を聴く

猿の尻は真赤っか(さるのしりはまっかっか)

猿の尻は真赤っか(さるのしりはまっかっか)

むかし、むかし、あるところに爺さんと婆さんとが暮らしてあった。爺さんは毎日山の畑のウネ打ちに行っておったと。ある日のこと、爺さんが畑のウネを打っていたら、畑の縁(へり)にあった石に猿(さる)が腰掛(こしか)けて、爺さんの悪口言うたと。

この昔話を聴く

現在757話掲載中!