※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ひばりとおてんとさん
『雲雀とお天道さん』

― 埼玉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに雲雀(ひばり)とお天道(てんと)さんとがあったと。
 二人は、バクチが大好きだったと。
 ある日、二人は誘い合ってバクチ場(ば)へ行った。お天道さんが負けて、雲雀から銭(ぜに)借(か)りたと。そのあと二人は、勝ったり負けたりしながら、夜(よ)っぴいて遊んでおったが、明方(あけがた)にはスッカラカンに負けた。
 バクチ場もオヒラキとなって、二人は背中(せなか)を丸(まる)めて帰ったと。朝の白(しら)みはじめた道(みち)を歩いていたら、急にあたりが真暗闇(まっくらやみ)になった。
 

 挿絵:かわさき えり
 「もしや」
と、胸騒(むなさわ)ぎしたお天道さん、あわてて家に戻り着くと、もう、天界(てんかい)から遣(つか)いが来ていて、 「ただいま、お父上(ちちうえ)が亡くなられました」
と、いうた。
 お天道さんは父天道さんの役目(やくめ)を引(ひ)き継(つ)ぐことになった。しかも直(ただ)ちにだと。 

 天界の遣いと一緒(いっしょ)に天に昇(のぼ)って行くお天道さんに、雲雀が、
 「今日貸(か)した銭、返(かえ)してから行け」
というたら、お天道さんは、高(たか)い所(ところ)から、
 「春に返すう」
というた。

 春になった。
 が、お天道さん、銭返してくれん。雲雀はお天道さんが、まだ山(やま)の端(は)にいる朝のうちから催促(さいそく)に行った。空(そら)へ舞(ま)い上(あ)がりながら、
 「貸した銭、返せ。貸した銭、返せ」
と、あたりにいる者、みんなに聞こえるようにいうた。
 

 そしたらお天道さん、うるさがって、天頂(てんちょう)へ、天頂へと逃げ昇って行ったと。
 雲雀は、いくら昇っても追いつかないのがくやしくてならん。
 「返さないなら利(り)取るぞ。利取るぞ」
というて降(お)りてきたと。

挿絵:かわさき えり

 昔にこういうことがあったから、雲雀は今でも、空へ舞い上がるときには、
 「貸した銭、返せ」
というて舞い上がり、舞い降りてくるときには、
 「利取るぞ」
というて降りて来る。
 また、雲雀がいったん空へ舞い上がってから横に飛ぶときは、
 「ちょっと五粒二朱(いつつぶにしゅ)負(ま)けた。お母(かあ)ちゃんに貰(もら)ってまた負けた」
というて、啼(な)いているのだと。

 おしまい ちゃんちゃん。 

「雲雀とお天道さん」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

雲雀とお天道さん(ひばりとおてんとさん)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

生まれかわった赤児(うまれかわったあかご)

生まれかわった赤児(うまれかわったあかご)

むかし、ありましたそうや。今の和歌山県紀の川市に、昔は那賀郡田中村というた所がありましてのう、そこに、赤尾長者(あかおちょうじゃ)と呼ばれる長者がありましたそうや。子供がないのを悲しんでおったが、ようやく赤ちゃんが生まれた。

この昔話を聴く

人消し草(ひとけしぐさ)

人消し草(ひとけしぐさ)

むかし、むかし。あるところに、爺さまと婆さまが住んでおった。爺さまが隣村へ用たしに行った帰り、山道を歩いていると、むこうから一人の旅人がやってきた。

この昔話を聴く

夢買い長者(ゆめかいちょうじゃ)

夢買い長者(ゆめかいちょうじゃ)

 とんと昔があったけど。  あるところに正直な爺(じ)さと婆(ば)さがあって、その隣りに欲深爺(よくふかじい)と婆があったと。  ある正月元旦に、隣の爺が婆に、「婆、婆、おら妙な夢を見たや」…

この昔話を聴く

現在823話掲載中!