※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

みずこいどりのふこう
『水乞鳥の不孝』

― 埼玉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、母と息子が二人で暮らしていた。
 母は息子を可愛(かわい)がっていたが、息子の方は少しも母の言う事など聞きはしない。その為に、母は病気になってしまった。

 あるときのこと、母は、
 「のどがかわくから、水を一杯おくれ」と息子にたのんだ。そうしたら息子は、家の前の川まで水を汲(く)みに行くのがおっくうで、
 「なに、のどをかわかす火をくれってか」
というて、囲炉裏(いろり)で燃(も)えている細木を一本抜いてやった。

 母はそれを見て、急に死んでしまったと。
 息子はびっくりして、悔(く)やんで悔やんで、悔やみぬいて、とうとう鳥になったと。

水乞鳥の不孝挿絵:かわさき えり

 それからは、母の墓場(はかば)の木の上に、くちばしから尻尾(しっぽ)まで真っ赤な鳥が、いつも、いつまでも止まっているようになった。
 鳥になった息子は、のどがかわいてならんのだと。谷川へ行って水を飲もうとすると、水に己(おのれ)の姿が真っ赤に映る。それが火が燃(も)えているように見えるので、怖(おそ)ろしくて、どうしても水が飲めない。

水乞鳥の不孝挿絵:かわさき えり

 雨が降ると、木の葉に宿った露(つゆ)を、かろうじて吸っては、のどのかわきをいやすのだと。
 それで、いつも空に向かって
 〽 降れ 降れえ。降れ 降れえ。
 と啼(な)いて、雨を呼んでいる。
 里の人たちは、この鳥がしきりに啼(な)くと、
 「これは近いうちに雨が降るぞ。今日は水乞鳥(みずこいどり)がしきりに啼くで」
と話し合うのだと。
 この鳥のことを「みやましょうびん」という人もあるそうな。

 おしまい、ちゃんちゃん。

「水乞鳥の不孝」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

水乞鳥の不孝(みずこいどりのふこう)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

雪女(ゆきおんな)

雪女(ゆきおんな)

むかし、白馬岳の信濃側のふもとの村、今の長野県北安曇郡白馬村に茂作と箕吉という親子の猟師が暮らしてあったと。  ある冬のこと、茂作と箕吉は連れだって猟に出掛けた。  獲物を追って山の奥へと分け入るうちに空模様が変わったと。先ず寒さがきつくなり、あたりが急に暗くなって、冷たい風が山を揺らしてゴーと吹いてきた。

この昔話を聴く

宝の下駄(たからのげた)

宝の下駄(たからのげた)

むかし、あるところに大層親孝行なひとりの息子がおった。あるとき、母親が病気で寝ているので薬を買うお金が必要になった。そこで権造(ごんぞう)という伯父…

この昔話を聴く

お月お星(おつきおほし)

お月お星(おつきおほし)

むかし、あるところにお月(つき)とお星(ほし)という二人の娘がいたと。お月は亡くなった先妻(せんさい)の子で、お星は継母(ままはは)の子であったが、…

この昔話を聴く

現在791話掲載中!