※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

あきまつり
『秋祭り』

― 埼玉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、ある畑で秋祭りがあった。
 昼にはネズミの相撲大会(すもうたいかい)、夜にはネズミの夜店(よみせ)がずらーっと並んで、大賑(おおにぎ)わいだと。
 キュウリとナスビが誘(さそ)い合って相撲見物に行った。
 相撲のおはやし太鼓がテケテケ、テケテケとなっていて、幔幕(まんまく)の内(なか)からはワァーという喚声(かんせい)も聞こえてきた。
 キュウリがネズミの木戸番(きどばん)に、
 「なんぼ」
ときいたら、
 「チュウ文(もん)、チュウ文」
という。キュウリは十文(じゅんもん)払って木戸口(きどぐち)を通った。
 ナスビも十文払おうとしたら、ネズミの木戸番が、 

 挿絵:かわさき えり
 
 「ナスビは入れん」
という。
 「何でだ。十文払うぞ」
 「だめだ」
 「キュウリは入れたのに、何で俺は入れん」
と、口をとんがらかして言うたら、ネズミの木戸番は、 

 「キュウリの酢もみ(相撲見)ということはあるけど、ナスビの酢もみというのは聞いたことがない」
というた。ナスビは、
 「そういえばそうじゃのう」
というて帰ったと。
 夜になって、ネコとタカが誘い合って夜店に行った。金魚釣り(きんぎょつり)の店があったと。ネコが、
 「俺、金魚が大好物なんだ」
というたら、タカも、
 「俺も魚は大好きだ」
という。
 ネコとタカは金魚釣りをすることにして、ネズミの店主(てんしゅ)に、
 「ニャンぼだ」
と聞いた。ネズミの店主は、
 「チュウ文、チュウ文」
という。ネコが、
 「金魚釣りが十文とは高いニャー」
というたら、タカが、
 「タカい、タカい。まけろ」 

 と加勢(かせい)して言うた。が、まからなかったと。
 ネズミの店は、どの店も、どの品もみんな十文なんだと。
 カエルも夜店に行こうとして、ビクタリ、ビクタリ歩いていたら、くたびれたと。一休み(ひとやすみ)していると、イタチが通りかかった。
 「イタチどん、イタチどん」
 「おっ、びっくりした。カエルどんか。どうした。何か用か」
 「うん、俺、夜店に行こうかと歩いてきたがくたびれてしもうた。頼みがある。俺をお前(め)さまの背中に乗っけてってくれまいか」
 「ふうーん。むこうへ着いたら、何かごちそうしてくれるかい」
 「いいよ」
ということになって、カエルはイタチの背中におぶさったと。
 途ちゅうでネコとタカに出合ったら、ネコが、
 「早よう行かニャー、ニャーンも無くなるニャー」
というた。 

 イタチとカエルはあわてて行ったと。着いてみたら、夜店はみいんな閉っていたと。カエルが、
 「イタチどんに無駄足(むだあし)させちまった。しかたない。ケエロ、ケエロ」
というたら、イタチが、
 「あーあ、行った賃(ちん)もない」
 こういうたと。

 おしまい、チャン チャン。 

 挿絵:かわさき えり
 

埼玉県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

肝だめし(きもだめし)

肝だめし(きもだめし)

ある夏の夜のこと、十人近い子どもたちが肝だめしをやろうと大きなお寺の前に集った。 「なんだかお化けが出そうだなぁー」 「平気、平気、お化けなんか出るわけないよ」 「でも、やっぱり、こわいなぁー」子どもたちは、わいわいがやがやさわいでいた。

この昔話を聴く

くじら長者(くじらちょうじゃ)

くじら長者(くじらちょうじゃ)

長崎県西海市の松島は西彼杵半島の西一キロメートル沖、五島灘に浮かぶ島で、江戸時代には捕鯨が盛んな島だった。この松島に与五郎という肝の太っとい鯨捕りが住んでおったと。与五郎は毎日、「どうかして、鯨がたくさん捕れる方法はないものか」と考えておったと。

この昔話を聴く

ふしぎな手拭(ふしぎなてぬぐい)

ふしぎな手拭(ふしぎなてぬぐい)

とんと昔、ある村の一番大きな金持ちの家へ、ある日、ひとりのみすぼらしいなりをしたお遍路さんがやって来たそうな。門口に立って、御詠歌を歌い、何がしかの寄進を乞うたと。すると、そこの奥さんは、「このせわしいときに、お前なんぞにとりあっていられん。さあ、とっとと出て行き」と言うて、邪険に追い追い払ってしもうた。

この昔話を聴く

現在715話掲載中!