※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

なすびときゅうりのすもうけんぶつ
『ナスビとキュウリの相撲見物』

― 埼玉県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。
 あるところにナスビとキュウリがあった。
 ナスビとキュウリは誘(さそ)いあって、大相撲(おおずもう)を見に行ったと。
 テケテケテン、テケテケテンと太鼓(たいこ)が鳴(な)り、土産物屋(みやげものや)もあって大にぎわいだ。

ナスビとキュウリの相撲見物挿絵:かわさき えり
 ナスビとキュウリはワクワクしながら木戸(きど)をくぐろうとした。すると木戸番(ばん)が、ナスビに、
 「お前はだめだ、帰れ」
と言うて入れてくれない。キュウリだけ入れたと。

 ナスビが怒(おこ)って、
 「おんなじ畑でとれた野菜(やさい)なのに、なんで俺(おれ)だけが入れないんだ」
と言った。そしたら木戸番が、
 「キュウリの酢(す)もみ(相撲見)というのはあるけど、ナスビの酢もみ(相撲見)というのは聞いたことがない」
 こう言うた。ナスビは、
 「そういえば、そうだな」
と言うて、帰ったと。

  おしまいチャンチャン。

「ナスビとキュウリの相撲見物」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

ナスビとキュウリの相撲見物(なすびときゅうりのすもうけんぶつ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

蛇の目玉(へびのめだま)

蛇の目玉(へびのめだま)

むかし、あるところに貧(まず)しい木樵り(きこり)がおったと。あるとき木樵りが山へ入るとどこからか女のうめき声が聞こえてきた。声のする方に近づいてみ…

この昔話を聴く

田之久(たのきゅう)

田之久(たのきゅう)

むかし、あるところに、たいへん親思いの田之久という若者が、おっ母(か)さんと二人っきりで暮らしておったと。田之久は、なかなか芝居がうまかったそうな。

この昔話を聴く

五月ごろうの由来(ごがつごろうのゆらい)

五月ごろうの由来(ごがつごろうのゆらい)

むかし、ある山間(やまあい)の村に両親と三人の兄弟が住んでおったと。あるときから、一番上の兄が、毎晩どこかへ出かけて行き、夜中過ぎに冷たい身体で帰っ…

この昔話を聴く

現在829話掲載中!