※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

もぐらのよめいり
『モグラの嫁入り』

― 滋賀県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 あったそうな。
 あるところに、モグラが一匹いたんだと。
 そいで、それが子供産んだら、とってもいい子が産まれたんだって。
 「こんないい子を、モグラんとこなんかに嫁にやっちゃあもったいない。日本一いいところへ嫁にやりたい」
 「そいじゃあ、お天とう様が一番偉いから、お天とう様に嫁にもらってもらいましょう」
 そいで、お天とう様のところへ行って頼んだって。
 「お天とう様、お天とう様。おれんとこでほんに器量(きりょう)もいい、利口な、いい子が生まれたので、嫁にもらってくらっしゃい」
 そしたら、お天とう様が、 

 滋賀の民話【モグラの嫁入り】挿絵1挿絵:かわさき えり
 「モグラどん、そう言ったって、雲が来ればおらを隠しちまって、おら照らせなくなっちまう。雲の方がおいらより偉いから、雲にもらってもらい」
 って言ったって。
 それで雲に、
 「雲どん、雲どん、ほんにいい子が生まれたから、嫁にもらってくらっしゃい」
 って言ったって。
 

 そしたら雲が、 「風が吹けば、おいらなん吹っ飛んじまうだから、おいらより風の方が偉いから、風にもらってもらい」
 それで風んとこいって
 「風どん、風どん、おいらの子嫁にもらってくらっしゃい」
 「う―ん、モグラどん、おいらがいくら吹いたって土手はびくともせん。土手どんの方が偉いから、土手どんにもらってもらい」
 こんどは、土手どん所へ行って、
 「土手どん、土手どん、おらの子いい子が出来たから嫁にもらってくらっしゃい。日本一偉い人んとこに嫁にもらわれたい」
 って言ったって。
 そしたら土手は、
 「そんなこと言ったって、モグラが居たんじゃみんな崩されちゃう。おらよりもモグラが偉い」
 て言ったって。 

 そうか、日本一はモグラだったかって、そいで仲間のモグラんところへ嫁にやったそうな。

 そうらいごんぼ
 豆の花よごし。

滋賀の民話【モグラの嫁入り】挿絵2挿絵:かわさき えり

  

「モグラの嫁入り」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

子供の頃に、似たような話を聞いた事があったような気がするが・・・ 民話や昔話には ほのぼのとした示唆が込められていて大好きです。  ( 70代 / 男性 )

楽しい

はじめて聞かせてもらいました。もぐらの嫁入り、地元の話ですが、知らなかったです。なるほど‥と感動しました。お話しの世界に入れる、ステキな時間をありがとうございました( 40代 / 女性 )

楽しい

もぐらが1番えらいんだ❗( 10歳未満 )

もっと表示する

こんなおはなしも聴いてみませんか?

江差の繁次郎「とんだ大漁」(えさしのしげじろう とんだたいりょう)

江差の繁次郎「とんだ大漁」(えさしのしげじろう とんだたいりょう)

北海道(ほっかいどう)の江差(えさし)といったら、春先にはニシン漁で夜も昼もないほど賑(にぎ)わったものだ。「ニシン群来(くき)」というて、ニシンが…

この昔話を聴く

雁の恩返し(がんのおんがえし)

雁の恩返し(がんのおんがえし)

昔あったと。津軽の国、今の青森県の津軽半島に十三湖(じゅうさんこ)という大きな湖があって、そのそばに、一人の爺さまが住んでおったと。ある冬の吹雪の夜…

この昔話を聴く

小正月に来るオボメ(こしょうがつにくるおぼめ)

小正月に来るオボメ(こしょうがつにくるおぼめ)

お前(め)、オボメ(産女)って知っでらっだか。小正月十五日の晩にナ、オボメどいっで、お産のとき難産で死んだオナゴが赤ン坊ば抱(かか)えで幽霊になって…

この昔話を聴く

現在790話掲載中!