※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

はとがてん
『鳩合点』

― 島根県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 うぐいすが啼(な)く頃になりましたねえ。
 うぐいすはきれいな鳥で、ほんとに立派(りっぱ)な巣(す)うもこしらえるのよ。
 昔にね、うぐいすの巣うを鳩(はと)が見て、あんな立派(りっぱ)な巣うをおれもこしらえられたらいいなあって。
 それで、うぐいすに習(なら)いに行ったそうよ。そうしたら、うぐいすはちいっとも嫌(いや)がらないで、丁寧(ていねい)に丁寧に教えたって。
 「ああして、こうして」
って。

鳩合点挿絵:かわさき えり
 そうしたら鳩は、ちょっとせっかちでね、話半分ぐらいしか聞かないで、
 「ははあ、ああそうか、ああそうか、はあそうですかあ」
って、あたふたと帰ったそうよ。

 我家(わがや)へ帰った鳩は早速(さっそく)巣うこしらえはじめたって。ところが、なかなか、うぐいすの巣うのようには作れない。
 もうちいっと身い入れて聞いときゃよかったとは思うものの、
 「まあ、ええわあ」
って言うてね、不格好(ぶかっこう)な巣うのまま住んだそうよ。
 昔からのたとえに、「鳩合点(はとがてん)」と言う言葉があるけれど、これは少しばかり聞いて、
 「ああ、そうか、そうか」
って言うような人のことを指すそうよ。

  これぽっきり。

「鳩合点」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

鳩合点(はとがてん)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

おぶさりてぇい

おぶさりてぇい

むかし、ある村に太郎と次郎と三郎という三人の兄弟がおった。ある日のこと、兄の太郎が町へ買い物に行ったとき、帰りはもう夜になってしもうた。太郎が森のと…

この昔話を聴く

正月神様(しょうがつかみさま)

正月神様(しょうがつかみさま)

むかし、あるところに爺さと婆さがおって正月神様がおかえりになる日に雨がドシャドシャ降ったと。爺さと婆さがお茶をのみながら、「この雨はやみそうにもない…

この昔話を聴く

爺さんと狸物語(じいさんとたぬきものがたり)

爺さんと狸物語(じいさんとたぬきものがたり)

明治から大正の頃のようじゃが、池の集落に、宮地というお爺が居って、いってつ者であったと。  楽しみといえば、中央の池に出て、鯉や鮒、鰻などを釣ってきて、家の前の堀池で飼い、煮たり焼いたり酢にもして晩酌の肴にしていたそうな。

この昔話を聴く

現在823話掲載中!