※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

わかがえりのみず
『若返りの水』

― 島根県隠岐島 ―
再話 加藤 明孝
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 とんと昔があったげな。
 じいさんとばあさんがおったげな。

 ある日のこと、じいさんが言うことにゃ、
 「ばば、今日は天気もいいで、ちょっくら山奥まで薪(まき)を取りに行くから、にぎりめしを焼いて焼きめしこしゃえてくれ」
 そしたら、ばあさんは焼きめしをひとつ作ってくれたと。


 でも、それだけで他になんにもありゃあせんから、
 「あーあ、焼きめしひとつじゃつまらんのう」
と言うたら、ばあさんは、もうひとつちっこくにぎって、味噌(みそ)をごったりつけてくれたと。

 じいさんは、それを腰(こし)に下げて出掛(か)けたと。
 ずーっと山奥へ入って、薪もたぁーんと取ったと。
 一服して、ひょいと見ると、岩肌(いわはだ)からいい水がチョロチョロ出てたと。

 「こりゃ、うまいとこに来たわ。ちょうどええ、めしを食うかのう」
 じいさんは腰に下げた包(つつみ)をといて、焼きめしを食ったと。

 
若返りの水挿絵:かわさき えり
 そしたら、味噌がごったりつけてあったものだから、のどがやけてたまらない。それで、岩肌から出ている水を、ガブガブ飲んでは焼きめしを食い、食っては飲みしていたと。そしたら、
 「こ、こ、こりゃあ。こりゃあ何としたことじゃ」
 いつの間にか、じいさんのうすい白髪頭(しらがあたま)がふさふさした黒い髪(かみ)の毛に変わって、十七、八の若者になっていたと。


 「こりゃあ不思議(ふしぎ)じゃあ。この水飲んだら若くなった。ばあさん、さぞおどろくやろ」
 顔かたちが若くなったじいさんは、うれしくなって、家にとんで帰ったげな。

 「ばば、わしだ。いま帰ったぞ」
 「人をばかにするな。お前みたいな若い男なんか知らん」
 「話しも聞かずに、ぐだぐだ言うなや。これ、ばばがこしらえた着物だ」

 じいさんが、こがあして、こがあして、こがあなったとわけを話したら、ばあさんは、
 「われも行く。われも若くなってくるわい」
と山をせかせか登っていったと。


 教わった所には、岩肌から水がチョロチョロ流れていたと。
 「おお、これじゃ、これじゃ」
 ばあさんが、両手で水をガブガブ、ガブガブ飲んだら、どんどん、どんどん若くなったと。「もっと、もっとじゃあ」と、まだまだ水を飲むんだと。
 
 若者になったじいさんは、日が暮れてもばあさんが帰って来ねえけ、山奥へむかえに行ったげな。水の出る所へ近づきながら、
 「ばばー、ばばどこじゃあ」
と、呼んで耳をすましていたら、
 「ホギャー、ホギャー、ホギャー」
と、赤ん坊の泣き声が聞こえて来た。
 
「はて、こんなところで赤ん坊の声とは。ま、まさか、ばばが……」
 若者になったじいさんが、あわてて水のところへ駆(か)け寄ると、水のそはでは、ばあさんの着物の中で赤ん坊が泣いていたんだと。

若返りの水挿絵:かわさき えり

 「あゃー。ばばがこんな赤ん坊になってまったわ。」
 若くなったじいさんは、赤ん坊になったばあさんをふところに入れて、ねんねこして家に帰ったんだと。

島根県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

狼の眉毛(おおかみのまゆげ)

狼の眉毛(おおかみのまゆげ)

なんとむかしあったげな。あるところに、分限者と貧乏人とが隣りあって住んでおったげな。貧乏人は、分限者から毎朝鍋を借りて来て鍋の底にこびりついているコ…

この昔話を聴く

ホトトギスの兄弟(ほととぎすのきょうだい)

ホトトギスの兄弟(ほととぎすのきょうだい)

とんとむかし。あるところに、兄と弟が住んでおった。あるとき、兄は病気になって、ちっとも働けんようになってしまった。それで、弟は、 「あんちゃんの分まで、おれが働かないかんな」と、毎日毎日、汗みどろになって働いていた。

この昔話を聴く

現在702話掲載中!