※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

たことさる
『たこと猿』

― 島根県 ―
再話 田中 瑩一
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 とんと昔あったげな。
 ある夏の日、海端(うみばた)でたこさんが海からはい上がって昼寝(ひるね)をしておったら、そこへ猿(さる)さんが出て来て、おいしそうなから思って、たこさんの足を一本食べてしまったと。

 
たこと猿挿絵:福本隆男

 しばらくして、たこさんが目がさめて見たら、足が一本足らん。


 「こりゃ、どげしたことだ。何ぞか来て一本食べたにちがいない。一体だれが来て食べたやら。おおかた明日も出てくるだろうから、今度は寝(ね)たふりしておって、正体(しょうたい)を見とどけてやらにゃならん」
というて、あくる日また、海から上がって来て砂浜で寝たふりをしておったと。
 そしたら、猿さんが、
 「昨日はタコの足一本食べたら本当にうまかった。今日もまたたこさん、おおかた海から上がって昼寝しちょうけに、行って食べちゃろう」
というて、山からのそのそ下りて来たと。


 寝たふりしちょった、たこさん
 「いや、この猿さんが来て食べたもんだ。とらえちゃろう」
思うて、猿さんが来て足を食べかけたところを、残った七本の足で、くるっとからめとったと。
 手も足も胴も頭もからめとられた猿さん、どうしょうもないと。
 
たこと猿挿絵:福本隆男


 「悪かった。昨日は確かにおらがたこさんの足一本食うた。うまかった。あ、いや、悪かったども、まあ、こらえてごせ」
 「うんにゃ、許さん」
 「ほんなら、この世のなごりに、おらにひとつ歌うたわせてごぜ」
 「それくらいなら、まあ、よかろう」
 そこで猿さん、盆歌うたぁたと。楽しそうに歌ぁたと。
 猿さんがあんまり楽しそうなので、たこさん、つい、つられて、
 「ヤーン ハート ナーイ」
と、合いの手を入れて踊(おど)ったと。踊りだしたひょうしに、猿さんをからめとっていた手足がほどけたと。

 
たこと猿挿絵:福本隆男

 猿さん、その間をのがさず、跳(と)んで逃(に)げたと。
 
 むかし こっぽし。
 

「たこと猿」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

タコは頭が偉い( 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

惣領息子(そうりょうむすこ)

惣領息子(そうりょうむすこ)

むかし、あるところに爺(じ)さと三人の兄弟が暮(く)らしておったと。ある日、爺さが兄弟を集めて、「お前だち、どうやらわしも年をとった。今日はひとつ、いちばん大きな事を言う者にかまどをゆずりたいが、どうだ」と、言いた。

この昔話を聴く

河童徳利(かっぱどっくり)

河童徳利(かっぱどっくり)

むかしむかし、相模の国(さがみのくに)、今の神奈川県(かながわけん)茅ケ崎市(ちがさきし)の西久保(にしくぼ)というところに、五郎兵衛爺(ごろべえじ…

この昔話を聴く

大歳の火(おおどしのひ)

大歳の火(おおどしのひ)

むかし、ある家に嫁さんがあった。年取りの晩に、姑(しゅうとめ)さんから、「あすの朝まで囲炉裏(いろり)の火を消さないように」といわれて、寝ないで火の…

この昔話を聴く

現在853話掲載中!