※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

とうふとあぶらあげとおから
『豆腐と油揚げとおから』

― 静岡県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしあったと。
 ある日、豆腐屋(とうふや)の主人(しゅじん)が用事で家を留守(るす)にしたと。
 そこで豆腐と油揚げ(あぶらあげ)とおからが、
 「親方(おやかた)がいないときくらい、のんびりすまいか」
 「ああそうだ、何かして遊ぼう」
 「それがいい」
というて、三人して座敷(ざしき)へあがって茶を飲んだと。
 そのうちに豆腐が、
 「ひとつ歌でも作って遊ぼう」
というたら、油揚げとおからが、さんせいしたと。豆腐が、
 「いいだしっぺのおれから、まず歌おう」
というて、

豆腐と油揚げとおから挿絵:かわさき えり
〽 火攻(ぜ)め水攻め
  一丁二丁(いっちょうにちょう)と
  切りさかれては
  もとのマメ(豆)にはなれやせん

 と詠(よ)んだ。

 次に油揚げが、

 〽 水攻め火攻めはいとわねど
  油攻めとはなさけなや
  末はおいなりさんといわれても

 と詠んだ。
 次におからが詠もうとしたら、そこへちょうど主人が帰って来た。
 三人はあわてて、元の場所に戻ろうとした。
 豆腐と油揚げは自分の桶(おけ)にすべり込めたが、おからだけは遅(おく)れた。あせればあせるほど、方々(ほうぼう)に広がってしまったと。
 そこへ主人が来て、
 「誰がおからを座敷に広げた。きたない」
というて、片端(かたはし)から箒(ほうき)で掃(は)いて庭に捨ててしまった。

豆腐と油揚げとおから挿絵:かわさき えり
 おからは口惜(くちお)しくてならない。そこで庭から大声で、こうどなった。

 「俺が主人は、加藤清正(かとうきよまさ)!」
 すると主人は、座敷から、
 「そりゃまたなぜに?」
ときいた。
 すると、おからは、
 「から(唐)を攻めるじゃないかいのー」
というたと。

  それでいちがさかえた。

「豆腐と油揚げとおから」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

豆腐と油揚げとおから(とうふとあぶらあげとおから)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

ハチとサルとカメ(はちとさるとかめ)

ハチとサルとカメ(はちとさるとかめ)

むかし。ある若者が旅に出た。そして道を歩いていたら、子供がハチに紐(ひも)をつけて遊んでいる。若者はかわいそうに思うて、「銭(ぜに)をやるから、そのハチをわしにくれんか」と言うて、ハチを助けてやった。

この昔話を聴く

能登の恋路は恋の路(のとのこいじはこいのみち)

能登の恋路は恋の路(のとのこいじはこいのみち)

むかし。能登(のと)の国、石川県の能登半島のある村に、鍋乃(なべの)という娘がいた。気立てがよいうえに美しい鍋乃は、村の若者のあこがれの的であった。

この昔話を聴く

廊下を歩く人(ろうかをあるくひと)

廊下を歩く人(ろうかをあるくひと)

 私の父は、怪(あや)しいものをてんで信じない人でした。  昔、まだ道路がついていなかった頃(ころ)、高知に用のある人は、みんな相川(あいかわ)の山を越(こ)え、土佐山(とさやま)を抜(ぬ)けて行かなければならなかったといいます。

この昔話を聴く

現在853話掲載中!