1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 栃木県
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

栃木県の昔話(全6話)

トンチンカン小僧(とんちんかんこぞう)

トンチンカン小僧(とんちんかんこぞう)

昔、あるところに、やることなすことどこかずれてしまう小僧がおったと。 ある日のこと、主人が、 「今日は山に行って木を伐って来い」 といいつけて、焼き飯を持たせてやったと。

この昔話を聴く

狐の恩返し(きつねのおんがえし)

狐の恩返し(きつねのおんがえし)

昔、あるところにおっ母さんと息子とが暮らしていた。おっ母さんはなが患いの病人で、息子はまだまだ子供だったと。

この昔話を聴く

聞き違い 金は天子様(ききちがい かねはてんしさま)

聞き違い 金は天子様(ききちがい かねはてんしさま)

昔、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんが暮らしておったそうな。婆さんは耳が遠かったと。二人はよく働いてつつましく暮らしたのでだんだん金が貯(…

この昔話を聴く

河童の雨乞い(かっぱのあまごい)

河童の雨乞い(かっぱのあまごい)

昔、ある村を流れる川に河童が住んでいたと。河童は子供や馬を川の中へ引きこんだり、畑を荒らしまわったり、悪さばかりしておった。ある日の夕方、村の和尚さ…

この昔話を聴く

屁一つで村中全滅(へひとつでむらじゅうぜんめつ)

屁一つで村中全滅(へひとつでむらじゅうぜんめつ)

昔、ある村に屁っぴりの娘がおったそうな。あんまりひっきりなしに屁をこくので、めったに外へ出ることはなかったと。「この娘(こ)は、一生嫁に行けないので…

この昔話を聴く

朝茶は難のがれ(あさちゃはなんのがれ)

朝茶は難のがれ(あさちゃはなんのがれ)

むかし。下野(しもつけ)の国(くに)、今の栃木県のある村に、太郎兵ヱ(たろべえ)というお百姓がおった。ある時、太郎兵ヱは、なーんもしないのに、代官所…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい
「民話の部屋」の感想

初めて聴いたのは、もう30年以上も前だったと思います。その頃は電話で聴いていました。 買ったパンの袋に小さく電話番号が書いてあって。そして今も続いていることに驚きと感動です! Facebookでも多くの方に知ってもらいたく投稿しました。 今後も楽しみにしています!( 60代 / 女性 )

怖い

『赤マントやろかー」がほんとにあったらマジでやばい。

もっと表示する
悲しい
雪ん子」の感想

悲しい…。読んでて雪ん子ちゃんの儚さがつたわってきた。また同じパパとママのところへ戻ってきてほしいです。( 20代 / 女性 )

悲しい
五平の鉄砲」の感想

猫……( 30代 / 男性 )

驚き
「民話の部屋」の感想

面白い( 10歳未満 / 女性 )

驚き
蛇きのこ」の感想

エロティシズムを感じる 夢野久作の小説に出てきそう( 20代 / 女性 )

驚き
鶯女房」の感想

部屋が外なんて驚き

感動
七夕女房」の感想

いいお話!( 10歳未満 / 男性 )

驚き
偽の汽車」の感想

ふつにそんなに寝ぼけないとおもう( 10代 / 男性 )