※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ばかされだぬき
『化かされ狸』

― 徳島県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、ひとりの馬方(うまかた)が荷馬車をひいて、夕暮(ぐ)れ時の山道を村の方へ帰っていたと。
 「いま時分は、ここいらへんは狸(たぬき)が化けて出るって聴(き)いとったんじゃが……」
と、用心しながら歩いていたら、案(あん)の定(じょう)、
 「もし、もし」
と、優(やさ)しい声がかかった。
 見ると、薄(うす)明かりの中にきれいな姉さんが立っている。

 
化かされ狸挿絵:かわさき えり

 「はぁ、出やがったぞ。それにしても狸め、相手が男とみるや、必ず姉さんに化けやがる。他に何ぞ出方を知らんのか。工夫のない畜生(ちくしょう)だ。ようし、見とれ」


 馬方は、いきなり、でっかい声で、
 「ワッハッハッ。よしやがれ。わしは屋島(やしま)のはげっちゅう古狸やぞ。わしの前では、ほの下手くそな化け方は何なら。ほれ、キョロキョロしとう眼(まなぐ)はタノキの眼じゃ。ほれほれ、ほの足はタノキの足じゃ。このわしをようく見ぃ。ほんものの馬方そっくりじゃろ」
というてやった。
 きれいな姉さんはドキリとした様子だ。声がガラッと変わったと。
 「なんや、屋島のはげさんかい。これはおみそれした。なるほど、見れば見るほど馬方によう似とる」
 馬方は、今度ぁ馬の腹(はら)を叩(たた)いて、
 「感心するのはまだ早い。この馬を見な。同じ化けるんなら、これぐらいにならんといかんぞ」
というと、腰(こし)から煙管(きせる)を抜いて、わざとゆっくり、スッパ、スッパやりだした。


 「いやぁ、大したもんやなぁ、わいにもひとつ、うまい化け方を教えてつかい」
 姉さんは、慣(な)れ慣れしく側へやってきた。
 「よしきた。ほんなら化け方の極意を教えたるきに、わしの言うとおりにせんといかんぞ」
 馬方は、まぐさを入れる大きな袋(ふくろ)を持ち出してくると、
 「先(ま)ずは、こん中へ入っとれ」
というた。


 姉さんは、のこのこ袋の中へ潜(もぐ)り込(こ)んだ。
 「おい、極意ちゅうもんはな、ちいっと苦しいけんど、辛抱(しんぼう)せいよ」
といいおいて、袋の口をしばり、それから袋の胴(どう)をふんじばった。
 「おぉい、屋島のはげさぁん。痛(いた)いぞ、痛いぞ。もちいっとやんわりに極意を教えてくれんもんかいな」
 袋の中で姉さんはドタバタしとったが、馬方が、力まかせに袋を締(し)めつけたもので、とうとうのびてしまったと。

 
化かされ狸挿絵:かわさき えり

 その晩(ばん)げ、馬方の家には村の人が集まって、狸汁の御馳走(ごちそう)に舌鼓(したつづみ)を打ったと。
 むかしまっこう 猿のつびゃあぎんがり ぎんがり。

徳島県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

順めぐり(じゅんめぐり)

順めぐり(じゅんめぐり)

むかし、あるところに、一人の猟師(りょうし)がおったげな。ある日、鉄砲をかついで山に出掛け、藪(やぶ)にしゃがんで獲物(えもの)が来るのを待っちょっ…

この昔話を聴く

天福地福(てんぷくちふく)

天福地福(てんぷくちふく)

むかし、あるところに貧乏(びんぼう)なお爺(じい)さんがおったと。「正月二日の晩に、宝船(たからぶね)の絵を枕(まくら)の下にして寝れば良い夢を見る」と聞いたので、爺さんはその通りにして寝た。

この昔話を聴く

廊下を歩く人(ろうかをあるくひと)

廊下を歩く人(ろうかをあるくひと)

 私の父は、怪(あや)しいものをてんで信じない人でした。  昔、まだ道路がついていなかった頃(ころ)、高知に用のある人は、みんな相川(あいかわ)の山を越(こ)え、土佐山(とさやま)を抜(ぬ)けて行かなければならなかったといいます。

この昔話を聴く

現在726話掲載中!