※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

しばられじぞう
『しばられ地蔵』

― 東京都 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 享保(きょうほ)三年というから、一七一七年、今から二六六年も前のこと、江戸、つまり、東京でおこったことだ。

 本所の南蔵院(なんぞういん)という寺の境内(けいだい)に、石の地蔵様があった。
 あつ―い夏のこと、越後屋(えちごや)の手代喜之助(きのすけ)が商いの木綿を背中いっぱいにかついで、南蔵院の前を通りかかった。
 「あっちぇいのう―。地蔵様の前で、ちょっくら休むとするか」
 

 荷をおろして休んでいるうちに、つい、うとうとっとしてしまった。一時して、目をさますと、そばにおいた木綿がない。そこらじゅうをさがしたがどこにもない。商売物(しょうばいもん)を盗まれたとあっては主人に叱(しか)られる。
 喜之助は顔をまっ青にして番所へとびこんだ。
 番所の役人がさっそく奉行所(ぶぎょうしょ)へ届けると、町奉行の大岡越前守(おおおかえちぜんのかみ)が直々に調べることになった。
 ところが越前守、奉行になったばかりだし何の手ががりもない盗みのこと、犯人の目星などとんとわからぬ。そこで一計(いっけい)を考えた。 

 挿絵:かわさき えり
 さっそく、役人をよび、
 「いや―しくも地蔵菩薩(じぞうぼさつ)ともあろうものが、自分の前の品が盗まれたのを知らぬはずがない。ただちに地蔵を召し捕(と)り、縄をかけて、江戸市中を引き回せ」
と申しつけた。 

 役人は奉行のいいつけだからしかたなく、しぶしぶ南蔵院へ行くと、地蔵様に縄をかけ、大八車(だいはちぐるま)にのせると、江戸市中を引き回した。なにしろ、物見高いは江戸の町人たち、盗人(ぬすっと)のうたがいで石の地蔵様がつかまったというので、われもわれもと地蔵様の後についてゆき、果ては、どんなお裁きがあるのかと、どっと奉行所へなだれこんだ。
 ころを見計らった越前守、
 「門をとじよ―」
と命じ、大声で、
 「天下の奉行所へ乱入するとは不届千万(ふとどきせんばん)。本来ならきつく罰(ば)っするところなれど、元はといえば木綿が盗まれたことにより生じたこと、よって、一人につき木綿一反の科料(かりょう)とする。ただちに持って参れ」
といった。町人たちはあっけにとられたがしかたがない。それぞれに木綿一反を持ってくると、自分の名前を書いて帰っていった。
 

 越前守は喜之助を呼んで一つ一つの反物を調べさせた。そうすると、やはり、盗まれた反物がでてきた。それで、盗人がつかまり、いもづる式に、江戸市中を荒し回った大盗賊団(だいとうぞくだん)も一網打尽(いちもうだじん)となった。
 地蔵様も無事南蔵院へ戻り、大岡越前守も名奉行といわれるようになったそうだ。

 そして、それ以来、盗難にあうと、南蔵院の地蔵様を縄でしばって願いをかけると、必ず盗まれたものがでてくるといわれ、だれいうとなく、この地蔵様を”しばられ地蔵”と呼ぶようになった。

 

 挿絵:かわさき えり
 
 

東京都
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

吉四六さんと借金取りの香典(きっちょむさんとしゃっきんとりのこうでん)

吉四六さんと借金取りの香典(きっちょむさんとしゃっきんとりのこうでん)

むかし、ある年の大晦日のこと。吉四六さんの村では、借金取りが掛売りの貸金を集金しに、家々をまわっておった。家の中からそれを見ていた吉四六さんの女房「貸すほどお金があるっちゅうのも大変だねえ」

この昔話を聴く

金樽鰮(きんたるいわし)

金樽鰮(きんたるいわし)

丹後(たんご)の国(くに)は宮津地方(みやづちほう)、今の京都府の日本海に面した宮津湾(みやづわん)に「天(あま)の橋立(はしだて)」というのがあり…

この昔話を聴く

河童のくれた宝物(かっぱのくれたたからもの)

河童のくれた宝物(かっぱのくれたたからもの)

むかし、あるところに爺(じ)さと婆(ば)さとが暮(く)らしておったと。あるとき、爺さが山へ行ったら、河童(かっぱ)が寝(ね)ていたと。

この昔話を聴く

現在719話掲載中!