1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 富山県
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

富山県の昔話(全9話)

子供と猫絵(こどもとねこえ)

子供と猫絵(こどもとねこえ)

むかし、むかし、あるところに絵を画くことが大好きな子供がおった。 とりわけ猫が好きで、いつも猫の絵ばかり画いていたと。 あるとき、 「おら、絵を画きながら諸国を旅して歩きたい」 といって、絵道具を担いで旅に出たと。

この昔話を聴く

舌切り雀(したきりすずめ)

舌切り雀(したきりすずめ)

昔があったと。あるところに爺と婆があったと。ある日、爺は山へ柴刈りに行った。爺が弁当を木の枝につるしておいたら、雀が来て弁当を喰うて、そこへ寝てしも…

この昔話を聴く

カマ池の由来(かまいけのゆらい)

カマ池の由来(かまいけのゆらい)

むかし、越中(えっちゅう)の国、今の富山県にある村に横笛のたいそう上手な若者がおったと。 若者は炭焼きだった。山の中に小屋と窯(かま)を作り、そこに寝泊(ねと)まりしながら炭を焼くのだと。若者はなぐさみに夜毎(よごと)笛を吹(ふ)いていた。

この昔話を聴く

頭を剃った猫(あたまをそったねこ)

頭を剃った猫(あたまをそったねこ)

むかし、ある寺に年をとった猫がいたと。ある日、その猫が和尚さんの前にきちんと前足を揃えて「おら、昔からたくさんの鼠を殺した罪ほろぼしに、お坊さんになりたいがで、頭を剃ってくだはれ」と、頼んだと。

この昔話を聴く

十六人谷(じゅうろくにんだに)

十六人谷(じゅうろくにんだに)

むかし、越中、今の富山県の山奥の谷で、十六人のきこりと一人の飯たきの爺さまが仕事をしていた。毎日、毎日、斧をふるう音がコーン、コーンと谷じゅうに木魂した。

この昔話を聴く

木挽きと小人(こびきとこびと)

木挽きと小人(こびきとこびと)

むかし、むかし。あるところにひとりの木挽(こびき)がおったと。ある日のこと、その木挽が山に入って、「さあ、今日はこの木を伐(き)ろうかな」と独り言を…

この昔話を聴く

山の者と町の商人(やまのもんとまちのあきんど)

山の者と町の商人(やまのもんとまちのあきんど)

むかし、ある山奥(やまおく)に村があったと。その村から、険(けわ)しい山坂をいくつも登ったり下ったりしたふもとに、お城下町(じょうかまち)があったと…

この昔話を聴く

鶴と和尚(つるとおしょう)

鶴と和尚(つるとおしょう)

むかし、むかし、ある大きな寺に和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんたちが住んでおったと。寺の境内(けいだい)に大きな松の木があって、毎年季節にな…

この昔話を聴く

元取山(もとどりやま)

元取山(もとどりやま)

むかし、ある山にほら穴があってな、麓(ふもと)の村の者は、このほら穴から、お客用のお膳(ぜん)やお椀(わん)を借りとったそうな。ほら穴の前で、ポンポ…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

感動
「民話の部屋」の感想

いつも素敵な民話ありがとうございます。HPで聞ける朗読も楽しく聴いています。 小さい時からお電話で聞いていたものが今でも聞けることに感謝です。 どのお話もきちんと簡潔にまとめられているし、挿絵もぴったりの可愛さです。 更新頻度も早く、これが無料で読めていいのか…と非常に感動しています。 もし本などにまとめられる事があればぜひ購入させていただきたいですし、私の調べ不足でもし出された事があるのであれば購入できるページなどを教えていただければ幸いです。 いつも素晴らしいお話、大変に感謝です。お体に気を付けて、頑張ってくださいませ。( 30代 / 女性 )

楽しい
蛇聟入」の感想

民話の授業で蛇婿を選んで調べていたのですが、細かいことは忘れていたので思い出せてよかったです。堕胎の話だけではなくて、色々な型があるのでそちらも確認したいと思います。 これは苧環型というのだと思いますが、水乞型とこの型に大別されます。 見目麗しい蛇さんと結ばれてハッピーエンドになるのも少ないですがありました。 頑張って調べられたのは蛇さんのけしきがいいというお陰でした。この場を借りてお礼を……誰に? これは現実でいうと、別の村の男との婚姻を禁止する話かなぁとも『遠野物語』とあわせて最近思ったのですが、どうなのでしょう。 綺麗なおねーさんが出てくる昔話は多いですが、おにーさんが出てくるお話は体感的に少ないので、探して読んでみたいと思います。 最近フェミニズム批評を知り、男性キャラの発言だけに注目するのではなく、女性の口をつかって男性の考えを言わせていることがあるのではないか? と思い出したので、そういう点から昔話を見直してみても面白いと思います。 (イヤなやつの設定の女性なんだから、こういったイヤな行為をするのは当たり前か。。と思っていたのですが、そもそも何でその女性をそんな設定にした? というところを疑ってみるのは価値があると思いました)。 蛇婿は何を伝える話なのでしょうか。新しく解釈ができるようになりたいと思います。( 20代 )

怖い

ちょっと怖い話しも、暑い夏には良いですね。( 50代 / 男性 )

もっと表示する
驚き
梟とカラス」の感想

いくら何でも何で、 カラスやフクロウ になる。 ( 10歳未満 / 女性 )

驚き
「民話の部屋」の感想

肝試しと言うものが「なぜ子供を連れて行くのかなぁー」と思いました。( 10歳未満 / 女性 )

楽しい
河童の恩返し」の感想

もうちょっと… ハラハラ  したかったなー。( 10歳未満 / 女性 )

楽しい
梟とカラス」の感想

ニートはいずれフクロウになってしまうのか…(´・ω・`)( 20代 / 男性 )