※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こどもとねこえ
『子供と猫絵』

― 富山県 ―
話者 田口作次郎/伊藤タメ
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに絵を画(か)くことが大好きな子供がおった。
 とりわけ猫(ねこ)が好きで、いつも猫の絵ばかり画いていたと。
子供と猫絵挿絵:かわさき えり


 あるとき、
 「おら、絵を画きながら諸国(しょこく)を旅して歩きたい」
といって、絵道具(えどうぐ)を担(かつ)いで旅に出たと。

 行くが行くが行くうちに、日が暮れた。
 どこか泊(と)めてくれる家がないかと頼(たの)んでまわったが、誰も泊めてくれない。仕方なく、人の住んでいない荒(あ)れ果(は)てた空(あ)き寺へ入って泊まることにしたと。
 その寺が空き寺になっているのには理由(わけ)があった。その寺に泊まった者は、夜になると出て来る化け物に、きっと食べられてしまうそうな。
 そんなところへ、子供が一人で泊まったものだから、村の人たちは、
 「今夜また、あの子が化け物に食べられてしまうのだな。かわいそうに」
とうわさをしておったと。


 そんなことはとはつゆ知らず、子供は寺へ入るとすぐ荷物(にもつ)を解(と)いて、大好きな猫の絵を画き、御堂(おどう)の隅(すみ)から隅まで張(は)りつけたと。
 それから、ごろりと横になったが、何とはなしに恐(お)ろしくて、どうにも眠れなかったと。
 真夜中(まよなか)になり、どこかでコトンと音がしたようだが、その後は気配(けはい)もない。うとうととして寝たと。

 次の朝、目を覚ました子供は、思わず息を飲んだ。なんと、年とった大きな化けネズミが一匹、噛(か)み殺(ころ)されていた。

子供と猫絵挿絵:かわさき えり

 「ああ恐(こわ)い、こんなとこ早いとこ立ち去(さ)ろう」
というて夕べ画いて張りつけておいた猫の絵を集めようとして、またまたびっくり。
 猫の口に、みんな血がついていたと。
 絵の猫が、みんな飛び出して、化けネズミを噛み殺したらしい。


 心配してやって来た村人たちも、子供が生きていたのでみんな驚(おどろ)いた。驚いてから、その絵のあまりの出来ばえに目を見張り、一心(いっしん)こめて画いたものには魂宿(たましいやど)るものだなと、うなづきあったと。
 これでおしまい べろりん。

「子供と猫絵」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

怖い

朝起きたら死体が・・・。ブルブルッ( 10歳未満 / 女性 )

驚き

朝起きたら、大きなネズミが死んでるなんて、びっくり!( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

正月の夢(しょうがつのゆめ)

正月の夢(しょうがつのゆめ)

むかし、あるところに、次郎作(じろさく)、金太(きんた)、長吉(ちょうきち)という、たいそう仲の良い男たちがおった。正月二日の朝、次郎作は不思議な夢…

この昔話を聴く

屁ったれ爺(へったれじい)

屁ったれ爺(へったれじい)

昔、あるところに爺さまと婆さまといてあったと。ある天気のよい日に、婆さま、麦干(ほ)していたら、そこへ雁(がん)が飛んできて下りたと。爺さま、ソバ餅…

この昔話を聴く

あぶの夢(あぶのゆめ)

あぶの夢(あぶのゆめ)

とんと昔あったでん。ほかほかと南の風が吹くあたたかい日に、村の若い者が二人して、春山へたきものきりに行ったと。ひとりの男は山に消え残った雪をいじって…

この昔話を聴く

現在824話掲載中!