※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

かまいけのゆらい
『カマ池の由来』

― 富山県 ―
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、越中(えっちゅう)の国、今の富山県のある村に横笛のたいそう上手な若者がおったと。
 若者は炭焼きだった。山の中に小屋と窯(かま)を作り、そこに寝泊(ねと)まりしながら炭を焼くのだと。若者はなぐさみに夜毎(よごと)笛を吹(ふ)いていた。
 若者の吹く笛の音は、夜の山々へ染(し)み渡(わた)り、モノノケさえも聴(き)き耳を立てるほどの、それは美しい調べだった。

 
カマ池の由来挿絵:かわさき えり
 ある夜のこと。
 若者が笛を吹く手を休め、ふと、顔をあげたら、向こうの大岩の上に、この世の者とは思われないほどに美しい娘がいた。
 それからは、若者が笛を吹くと、必ず大岩の上に娘が現れるようになった。


 若者はいつしか娘に心ひかれるようになっていった。そうしたある夜、娘がはじめて若者のそばにやってきた。
 「今夜であなたの笛の音ともお別れです」
 若者は、驚(おどろ)いた。
 「どうしてですか」
 「実は、私は、人間ではありません。遥(はる)か昔からこの山に棲(す)んでいる大蛇(だいじゃ)なのです。あなたの笛の音に誘(さそ)われて、娘の姿に俏(やつ)して聴きに来ていました。ですが、それも今夜まで。長い間の修業(しゅぎょう)を了(お)え、ようやく龍(りゅう)となれる日が来ました。その日が明日なのです。明日は天と地とが継(つな)がるほどの大雨に乗って遡(さかのぼ)ります。天に昇(のぼ)りながら龍になります。このあたり一帯は大嵐(あらし)となり、山は崩(くず)れ、川は大水になります。


 お願いです。どうぞ、明日はこの山を下りて、出来るだけ遠くへ行って下さい。
 ですが、このことは決して村人に話してはなりません。もし、誰(だれ)かに話したら、私はあなたの命を貰(もら)わなければなりません」

 言いおわると、娘の姿は夜の暗闇(くらやみ)にスウーと引いて見えなくなった。

 
 若者は、その晩(ばん)じゅう悩(なや)み続けた。

 「やっぱり、村人に報(し)らせよう。おれの命はひとつ、どうなってもかまわない」

 こう決心した若者は、いっきに山を駆(か)け下りて、村長(むらおさ)に告げた。
 急を告げる半鐘(はんしょう)が打ち鳴らされ、村人たちは村長の家に集まった。相談の末、
 「大蛇が龍になる前に殺す。それには、蛇の一番嫌(きら)う草刈(か)り鎌(かま)を投げつける」
ということになった。


 村じゅうの鎌という鎌が集められた。やがて若者の案内で、皆(みな)して山へ行った。
 娘がいた大岩の周囲(あたり)めがけて、必死に鎌を投げつけた。
 
 すると、にわかに空が黒雲におおわれ、稲(いな)光りがして雷が鳴り、たちまち、激(はげ)しい雨が降りそそいだ。村人たちは、転がるように山を駆け下りた。
 その夜じゅう、嵐の音に混(ま)じって、大蛇がのたうちまわって音が、ズシン、ドシンと響(ひび)いていた。


 朝になった。
 あれほど激しかった雨が止み、音もしなくなった。村人たちが恐(こ)わ恐(ご)わ山へ行ってみると、昨日、鎌を投げたあたりは大きな池になっていた。
 大蛇は、身体じゅうに鎌が刺(さ)さって、大岩を絞(しぼ)るように七巡(めぐ)り半して死んでいた。
 
カマ池の由来挿絵:かわさき えり


 それ以来、その池を、誰言うとなく、カマ池というようになった。
 村をすくった若者の姿は、嵐の夜っきり見た者はいない。

富山県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

踵太郎と山姥(あくとたろうとやまんば)

踵太郎と山姥(あくとたろうとやまんば)

昔、ある山陰(やまかげ)の崖(がけ)に小さな小屋を建てて山姥(やまんば)が棲(す)んでいたそうな。山から里にやって来ては、酒を出せ、肴(さかな)を出…

この昔話を聴く

和尚と小僧話(食った食わん)(おしょうとこぞうばなし くったくわん)

和尚と小僧話(食った食わん)(おしょうとこぞうばなし くったくわん)

むかし、あるところに大きな寺がありましたと。その寺では、なにかと事(こと)のあるときに、いつでもご馳走(ちそう)が檀家(だんか)から持ってこられて、…

この昔話を聴く

女房を出す戸口(にょうぼうをだすとぐち)

女房を出す戸口(にょうぼうをだすとぐち)

むがすあったじもな。あるどごに夫と女房があったど。夫は、隣の女房が常日(つねひ)ごろ化粧ばかりしているので、ばかにいい女ごに見えただ。惚れだど。家(…

この昔話を聴く

現在726話掲載中!