※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

いそおんな
『磯女』

― 和歌山県 ―
再話 和田 寛
再々話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、和歌山県(わかやまけん)は里野(さとの)というところに、いそ女というものがおったそうな。

 いそ女は、この世の者とは思えない美(うつく)しい娘姿(むすめすがた)で、夜になると海の近くの岩山(いわやま)の上にあらわれ、髪(かみ)の毛(け)をすきながら、美しい声で歌をうたうのだと。

 ある夜のこと。
 この岩の近くを通った船に歌声が聞こえて来たそうな。
 「だれだろう。こんな夜更(よふ)けに歌をうたっているのは。それにしても、なんときれいな声だろう」

 「やや、あんなところにおる」
 「美しげなことよ」
 「妖(あや)しげなことよ」
 船乗りたちは口々(くちぐち)に言い合(あ)いながら、船を近づけていった。
和歌山の民話【磯女】挿絵1挿絵:かわさき えり

 娘の長い黒髪(くろかみ)は、下の海面(かいめん)まで届(とど)き、一層(いっそう)妖しげに見える。

 そのうち、はたっと歌声が止(や)んだ。娘は、ひょいと振(ふ)り返(かえ)り、月の光にてらされた青白い顔で、ニイッと微笑(ほほえ)むのだと。そして、手を差(さ)し出して船をまねくのだそうな。

 すると、不思議なことに、船はひとりでに岩山に向(む)かって進(すす)みはじめた。
 「あぶない、気をつけろ」
 「岩に近づくな」
 「早く船をこげ」
 船乗りたちは、口々に叫(さけ)び、懸命(けんめい)に船をこいだが、船の向きを変えることが出来ん。
 とうとう、岩穴に吸(す)い込まれて終(しま)った。

和歌山の民話【磯女】挿絵2挿絵:かわさき えり

 次の朝、岩穴から船は吐(は)き出された。しかし人の姿は、誰(だれ)一人として見当(みあ)たらなかったそうな。


  こんでちょっきり 一昔(ひとむかし)。

「磯女」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

磯女(いそおんな)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

柳の美男(やなぎのびなん)

柳の美男(やなぎのびなん)

昔、盛岡の木伏に美しい娘があったと。毎日家の前の北上川へ出て、勢よく伸びた柳の木の下で洗濯物をしていた。あるとき、その娘がいつものとうり洗濯に出たまま行方がわからなくなったと。

この昔話を聴く

窪川の万六(くぼかわのまんろく)

窪川の万六(くぼかわのまんろく)

むかし、窪川(くぼかわ)の万六(まんろく)といえば、土佐のお城下から西では誰一人として知らぬ者はない程のどくれであったと。ある日、あるとき。旦那(だんな)が所用(しょよう)があって、高知(こうち)のお城下まで行くことになったそうな。

この昔話を聴く

蓮の葉往生(はすのはおうじょう)

蓮の葉往生(はすのはおうじょう)

むかし、むかし。江戸表(えどおもて)で、蓮の葉往生(はすのはおうじょう)っていう場所が出来たことがあったのヨ。そこへ行けば蓮の花の中に入って、眠るよ…

この昔話を聴く

現在757話掲載中!