※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

たびびとととらときつね
『旅人と虎と狐』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 武田 正
提供 フジパン株式会社

 むかしあったけど。
 ある夏の日盛(ひざか)りに、旅人(たびびと)が道をとぼとぼ歩いて行くと、檻(おり)に入った虎(とら)がいたっけど。
 知らんぷりして通り過ぎようとしたら、哀(あわ)れっぽい声で言うんだと。
 「どうかおれを、この檻から出しておくやいな」
 旅人は、
 「お前をこの檻から出したら、お前からおれが食われるんべな」
と言うと、虎は、
 「決して食ったりしねぇから」
と言うので、虎の言葉を信用して檻の錠をはずしてやったと。
 そうすっど腹のへってる虎は檻から出ると、食いたくてたまらねくなってしまったと。
 旅人は考えて、
 

 挿絵:かわさき えり
 「ほんじゃこうすべ。この道歩いて行きながら、出合った三人の人から話聞いて、三人とも同じ考えだば、おれぁお前に食われても仕方ないべ」
と言って歩き出したと。
 最初に会ったのは牛(べこ)だったと。牛に話して返事を待ってたら、牛は、
 「おれたちの乳をさんざんしぼって飲んだ上に、肉まで食う人間なんざぁ、虎に食われた方がええ」
と言うたと。虎は勢いづいて旅人に飛びかかるかっこうになったと。
 

 「虎さん、虎さん、まだ二人残ってるもの、忘れんねでおくやい」
と言うて、また少し歩いたら、汗(あせ)だくになって、道端の大っきな木(き)の下(した)で休(やす)んだと。そこで大木(たいぼく)に聞いたと。そしたら大木は、
 「おれの木陰(こかげ)に休んだ上に、伐(き)り倒(たお)して薪(たきぎ)にしてしまう人間なんざ、遠慮すっことないから、食ってしまえ」
と言うたと。旅人は、
 「まだ一人残ってんの、忘れねでおくやい」
と言うて、また歩いて行ったら、狐に出会ったと。事の次第を話して返事を聞くと、狐は考えていたっけぁ。
 「何のことだか、さっぱり分んね。そもそも事の始めから、おれに見せてけろ」
と言うから、旅人は虎と狐をつれて、またその道を引返したと。
 そうすっど虎はまた檻の中へ戻ってしまったと。そうして錠をされてしまったと。
 「このままいれば何もないんだべ。こんでよし……と。旅の方(かた)よ、先を急ぐべはぁ」
 

 と狐が言うので、旅人はやっと安心して、道を歩いて行ったと。

 とうびん。

挿絵:かわさき えり

「旅人と虎と狐」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

旅人と虎と狐(たびびとととらときつね)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

梟とカラス(ふくろうとからす)

梟とカラス(ふくろうとからす)

昔、あるところに染物屋があったと。この家の息子は仕事もせんと遊んでばっかりの極道者(ごくどうもん)だったと。あるとき、お城のお侍(さむらい)が白絹(…

この昔話を聴く

九曜の星(くようのほし)

九曜の星(くようのほし)

むがし、むがし、いつの頃だが知らねけどあったけど。殿様が、世間の人々を悩ませで面白がっていたど。あるどき、染物たのみだ、といって、一番上手な染物屋に…

この昔話を聴く

親捨山(おやすてやま)

親捨山(おやすてやま)

むかし、むかし。ある国にとても厳しいきまりがあったと。六十歳になった年寄りは、山へ捨てに行かなければならないのだと。その国のある村に、ひとりの親孝行な息子がおった。母親が六十歳になったと

この昔話を聴く

現在785話掲載中!