※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ざとうさまとぼたもち
『座頭さまとボタ餅』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 佐藤 義則
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるどこさ、爺(じじ)と婆(ばば)、あったけド。
 あるどぎ、旅道中(たびどうちゅう)の座頭(ざとう)さま、
 「どうぞ、一晩泊めて呉(け)らっしぇ」
 って、訪ねてきたけド。爺婆ぁ、
 「良(え)げす、えげす」
 って泊めだげんとも、困ったごどにゃ、ほの晩餉(ばんげ)にボタ餅(もち)コこさえで食うべどって居だがども、なんせ爺婆の貧乏所帯(びんぼうしょたい)だもんで、爺婆の分ばりしか無(ね)がったはで、なじょすんべって思案(しあん)したけド。
 ほんで、婆ァ、こっそら、
 「爺や、まんず寝ででござえ。夜ン間、ボタ餅コ出来(でげ)だらば爺ば呼ばっさえて。なス」
 って、語りコしたけド。すっと、爺ァ、

座頭さまとボタ餅挿絵:かわさき えり
 「婆や、声コ出して呼ばってァ、座頭さまさ感づがって大事(おおごと)ら。ほんで俺の足さ細引き綱(つな)コ結い付けで置ぐはげ、ボタ餅コ出来たらぐぐっと引っぱって、教えろや」
 って、語りコしたけド。すっと、婆ァ、
 「ハァ、これらだば座頭さまさ見ねぐて、良(え)え案配(あんばい)だな。」
 って、爺の足コさ細引き付けたけド。爺ァ、
 「座頭さま、座頭さま、早よ寝んべァ、なス」
 って、爺ど座頭さまど二人ァ、寝だけド。

 夜ん間えなってがら、婆ァ、こっそらボタ餅こしゃえで、くっくっと細引きの綱コ引っ張ったら、こりゃ何としたごどが、爺ァンでねぐて、座頭さま引っ張らって来たけドヤ。婆ァ、
 「あじゃ、なじょすんべ」
 どて、あたらふたらしてるど、座頭さま、

 〽  餅つぐど 目にはさやかに見えねども、
   足の綱にぞ驚(おどろ)かされぬ

 って、歌コ詠(よ)んで、一人でボタ餅コみんな食ってすまったけド。

 ドンペ カラッコ ナエケド。

「座頭さまとボタ餅」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

座頭さまとボタ餅(ざとうさまとぼたもち)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

雪女(ゆきおんな)

雪女(ゆきおんな)

むかし、白馬岳の信濃側のふもとの村、今の長野県北安曇郡白馬村に茂作と箕吉という親子の猟師が暮らしてあったと。  ある冬のこと、茂作と箕吉は連れだって猟に出掛けた。  獲物を追って山の奥へと分け入るうちに空模様が変わったと。先ず寒さがきつくなり、あたりが急に暗くなって、冷たい風が山を揺らしてゴーと吹いてきた。

この昔話を聴く

一軒家の婆(いっけんやのばあ)

一軒家の婆(いっけんやのばあ)

むかし、ある村に重兵衛という若者がおったと。ある冬の朝、重兵衛は用事があって、隣りの町へ出かけたと。川っぺりの道を、いくがいくがいくと、行く手の崖(…

この昔話を聴く

河童徳利(かっぱどっくり)

河童徳利(かっぱどっくり)

むかしむかし、相模の国(さがみのくに)、今の神奈川県(かながわけん)茅ケ崎市(ちがさきし)の西久保(にしくぼ)というところに、五郎兵衛爺(ごろべえじ…

この昔話を聴く

現在742話掲載中!