※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

あさちゃのくどく
『朝茶の功徳』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 武田 正
整理 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔あったけど。 あるどこさ、爺(じ)ぃと婆(ば)ぁいだけど。
 家のそばさ大きい松の木生(は)えていでな、まるで、高砂(たかさご)の爺さまど婆さまの住む家だふうだ。
 あるどき、どうしたごんだが、家のまわり一面さ洪水(こうずい)押し寄せで、まるで泥海(どろうみ)さ浮いでるみでえなだけど。ほして松の木さば、大蛇(だいじゃ)よじ登って、家ン中ば覗(のぞ)きこんでだなだけど。
 なんとがして家ン中さいだ人間ば呑(の)み込むつもりで、ねらったなだべ。
 家ン中さいだ爺ぃと婆ぁも、ほれさちっとも気づかなえ風だでや。 

 
挿絵:かわさき えり
 爺ぃ、稼(かせ)ぎに出んべど思て腰上げで、戸の口さ出はりかけたどこさ、婆さ声かけたけど。
 「爺ッさ、爺ッさ。お茶のんで行げ」
 て言うけど。
 爺ぃもせっかくだと思て、家から出るのを止めで引っ込んだけど。 

 
 とぐろ巻いて、爺ぃ出はて来たどこ一呑みとばり力んでた大蛇としては、当てがはずれてしまたべちゃ。
 ほれどごろか、今婆ぁの言(ゆ)た言葉がなんとしても気になっだど。
 「『オオジャ(大蛇)呑んでがら行げ』って言ったな。不思議なごんだ。ここにゃ、おれよりもっと大きい者(もん)いるんでないがな。オオジャ(大蛇)呑めとは、こりゃ大変なこったぞ。人間ば呑むどごろか、おれが呑まれるごんだ。早く逃げなぇど、こっちがやらっでしまう」
 大蛇(だいじゃ)は、何を勘違(かんちが)えしだが、さっさど、どこかさ姿くらましてしまったけど。

 お茶は邪気(じゃき)はらう、て、大蛇追っぱらったわけだ。爺ぃだて戸の口がら引っ返したさげ命拾たべ。 

 
 「朝茶は七里戻っても、ご馳走(ちそう)なれ」てな。
 しかも「朝茶は二服(にふく)」どて、なんぼ忙しくて腰落ち着けでいらんなえときでも、仏さまの一服茶にはなんなえようにするんだど。

挿絵:かわさき えり

 ほれがら、「朝茶三服呑んで出掛で、もし怪我(けが)でもあれば、北野の天神ないど思え」ども言うけどな、これは、三服呑んでも何かあったら、そん時ぁどうしても避けらんなえ災難(さいなん)だったと諦(あきら)めるよりしょうがなえ、ていうごどだんだ。
 朝茶にゃ、ほげないわくあんなだど。

 どんぺからこ なえけど。 

「朝茶の功徳」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

朝茶の功徳(あさちゃのくどく)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

吉四六さんの鴨捕り(きっちょむさんのかもとり)

吉四六さんの鴨捕り(きっちょむさんのかもとり)

吉四六(きっちょむ)さんが、あるとき、大きな瓢箪(ひょうたん)のくびれたところに長い縄(なわ)をくくりつけ、鴨(かも)のおりる池にやって来た。縄の端…

この昔話を聴く

佐渡の白椿(さどのしろつばき)

佐渡の白椿(さどのしろつばき)

昔、あるところに二人の商人(あきんど)がおったと。二人は連れだって旅商(たびあきな)いに出た。行くが行くが行くと、とある浜辺に着いた。一人が、「足も…

この昔話を聴く

狐の仇討(きつねのあだうち)

狐の仇討(きつねのあだうち)

 むかし、ある村に藤六(とうろく)という百姓(ひゃくしょう)がおったと。  ある日のこと、藤六が旅から村に帰って来る途(と)中、村はずれの地蔵(じぞう)堂のかげで、一匹の狐(きつね)が昼寝(ね)しているのを見つけた。

この昔話を聴く

現在800話掲載中!