※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

てづまつかい
『手妻使い』

― 山形県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 ”手妻使い(てづまつかい)”という言葉、識(し)っています?
 今ではめったに聞かれなくなりましたわね。相当のご年配(ねんぱい)の方くらいかしら、使うのは。
 手品師(てじなし)のことよ。近頃はマジシャンって言うみたいだけれど。マジシャンと言うよりも“手妻使い”と言ったほうが、インチキ臭くて、でも、だましだまされの妙(みょう)があって、第一あやしそうでいいわよね。

手妻使い挿絵:かわさき えり
 昔、天勝(てんかつ)という手妻使いの一座(いちざ)があったの。地方を廻(まわ)って小屋掛けして、手妻をみせていたのよ。当時、大人気で、天勝一座が小屋掛けすると、近郷近在(きんごうきんざい)はもちろんのこと、遠方からも見物人がわんさかわんさか押かけたそうよ。

 評判と看板にたがわず、空(から)の箱から猫(ねこ)を出したり、水の中に花を咲かせたり、雪を降らせたり、その妙技(みょうぎ)は目を見張るばかり。
 やんや、やんやのかっさいのうちに、だんだん出し物が進んで、終り頃に俄(にわ)か雨が降ってきたそうよ。
 そしたら、檀上(だんじょう)の天勝が、
 「トザイ東西(とうざい)、にぎにぎしくお出(い)で下さった皆々様(みなみなさま)に、ぬれられましては申し訳も之無く(これなく)、つきましては、粗品(そしな)ではございまするが、カラ傘一本ずつ、この天勝、手(た)ずからお渡し致したく、おひとりずつ、こちらへお越し下されませ。カラ傘の進呈(しんてい)をもちまして、本日の演目(えんもく)、すべておしまいとさせていただきます。
 お足元、お手元、お気をつけてお帰り下さいませ」
と、口上(こうじょう)を述(の)べて、皆、天勝からカラ傘をもらって帰って行ったのね。
 そうして、半道(はんみち、一里の半分)も歩いた頃、皆が皆びっくりしたの。

 今の今まで雨が降っていると思っていたのに、雨なんか一粒(ひとつぶ)も降っていなくって、空には星々(ほしぼし)がいっぱいきらめいているんだって。おまけに、手に持っているのは、天勝からもらったカラ傘のはずなのに、なんとなんと、割箸(わりばし)だったそうよ。
 “手妻使い”というのは、これほど大(たい)したものだったそうよ。
 
 どんびんからりん、すっからりん。
 
手妻使い挿絵:かわさき えり

「手妻使い」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

手妻使い(てづまつかい)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

庚申待ちの謎(こうしんまちのなぞ)

庚申待ちの謎(こうしんまちのなぞ)

 昔、あるところに貧乏(びんぼう)な爺(じい)さんがあった。  爺さんの田圃(たんぼ)へ行く途中(とちゅう)の岐れ道(わかれみち)のところに、庚申様(こうしんさま)が祀(まつ)られてあった。

この昔話を聴く

天人子(てんにんこ)

天人子(てんにんこ)

昔、岩手県の六角牛山のふもとの里に百姓をしている惣助という男があったと。里の附近には七つの池があり、その中のひとつに巫女石という石のある池があった。

この昔話を聴く

死神様(しにがみさま)

死神様(しにがみさま)

昔、あるところに運の悪い男がおったと。ある年(とし)の瀬(せ)に、男は隣り村へ用足しに行って帰りが夜中になったと。林の中の道を、木がざわざわするたん…

この昔話を聴く

現在800話掲載中!