※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ほととぎすのきょうだい
『ホトトギスの兄弟』

― 山形県 ―
再話 大島 廣志
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 とんとむかし。
 あるところに、兄と弟が住んでおった。あるとき、兄は病気になって、ちっとも働けんようになってしまった。それで、弟は、
 「あんちゃんの分まで、おれが働かないかんな」
と、毎日毎日、汗みどろになって働いていた。
 五月に入ると、山芋(やまいも)が食べごろになった。弟は、土深くうまっている山芋を掘(ほ)ってきては、
 「あんちゃんは病気だから、うまいとこを食ってけろ」
と、兄には山芋のうまいとこを食わせ、自分は皮やつるのまずいとこばかり食っていた。

ホトトギスの兄弟挿絵:かわさき えり
 兄は、そんなことなど知らんから、はじめは、
 「うまい、うまい」
と、山芋を食っておったが、だんだん、
 「おれは働かなくても、こんなにうまいものを食っているのだから、弟はどんなにうまいものを食っているかわからん」
と、思うようになった。

 ある夜、兄はどうでも弟の食っているものが見とうなって、寝ている弟を殺してしもうた。そして、腹をさいてみたところ、弟の腹の中は、山芋の皮やつるばかりだった。兄は、
 「自分でまずいとこ食って、おれにうまいとこ食わせていたのか。こんな兄思いの弟を殺すなんて、おれはほんとに悪いことをしてしもうた」
と、後悔したが、もう取り返しはつかん。
 兄は、泣いて泣いて泣き通した。泣いているうちに、いつか、ホトトギスになってしまい、
 
 〽 弟恋しい 弟恋しい
 
と、山の中を飛び回るようになったと。
 今でもホトトギスは、山芋のとれる五月になると、
 
 〽 弟恋しい 弟恋しい
 
と、毎日、八千八声鳴く。ホトトギスの口ばしが赤いのは、あんまり鳴きすぎて、口から血をはくからだとさ。それでモズは、ホトトギスをかわいそうに思って、虫をとっては木の枝にさしておいて、ホトトギスに食べさせているんだと。

ホトトギスの兄弟挿絵:かわさき えり
 山に行ったときには、ホトトギスの鳴き声をよーく聞いてごらん。
 
 〽 弟恋しい 弟恋しい
 
と聞こえるから。

  どんぺからっこ ねっけど。

「ホトトギスの兄弟」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

ホトトギスの兄弟(ほととぎすのきょうだい)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

鮭の大介・小介(さけのおおすけ・こすけ)

鮭の大介・小介(さけのおおすけ・こすけ)

むかし、越後の国、今の新潟県の、ちょうど信濃川が海にそそぐあたりの町に大きな屋敷をかまえた長者があったと。ひろびろとした田んぼとたくさんの舟を持ち、…

この昔話を聴く

大きな手(おおきなて)

大きな手(おおきなて)

 むかし、紀州(きしゅう)、今の和歌山県の有田(ありた)と日高(ひだか)の郡境(ぐんざかい)にある鹿ケ瀬峠(ししがせとうげ)というところへ、惣七(そうしち)という猟師(りょうし)が猪(いのしし)を撃(う)ちに行ったそうな。  いつものように犬を使って猪を追い出そうとしたが、その日にかぎって一頭も出てこん。

この昔話を聴く

吉四六さんの鴨捕り(きっちょむさんのかもとり)

吉四六さんの鴨捕り(きっちょむさんのかもとり)

吉四六(きっちょむ)さんが、あるとき、大きな瓢箪(ひょうたん)のくびれたところに長い縄(なわ)をくくりつけ、鴨(かも)のおりる池にやって来た。縄の端…

この昔話を聴く

現在760話掲載中!