※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ぬまのかしぜん
『沼の貸し膳』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 佐藤 義則
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むがす、あるどごろに貧乏(びんぼう)な爺(じい)さまと婆(ばあ)さまがいだど。
 爺さまは毎日山で柴(しば)を刈(か)り、それを町で売って暮(く)らしを立てていだったと。

 ある年の暮れ、正月支度(したく)の銭(ぜに)コ稼(かせ)ごうとて、柴をいつもより多めに背負(しょ)って売りに行っだど。
 「柴コー、柴コいらねすかー」
とて、町の中を歩いたが、誰(だれ)も呼(よ)ばってくれる人アねがっだど。

 仕様(しよう)がねぐ、来た道たどって、山の沼コの端(はじ)まで来たら、重くて息が切れだど。
 「家さ持ち帰ってもすかたなス。沼コの主殿さ呉るべ」
 「申(も)す、申す、沼コの主殿や、お正月の柴コでも使って呉さい」
とて、バシャリン投げ込んだど。みるみる柴コァ沈んだど。

 爺さま、それ見届けて、さて帰るべとしだら、うしろで、
 「もすもす、爺さま、待ででござれ」
とて、止める人あったけど。

 爺さま振り返って見っど、沼コの波の上さ娘の神様(かみさま)あらわって、
 「爺さま、爺さま、お正月の柴コありがたかっだ。ほんで、爺さまさ、お礼返すべどで呼ばっだ。今夜、お年越(こ)すでもあんべす。ひとつ御馳走(ごちそう)のお膳(ぜん)コでも授(さず)げんべ」
とて、二揃えの朱塗(しゅぬ)り黒塗(くろぬ)りの膳椀(ぜんわん)さ、ンまい物ば山盛(やまも)りして呉たけど。
 
img_01挿絵:かわさき えり
 

 爺さまが夢のようで動転しているど、神様ァ、
 「お膳コ使いあげたら、また、この沼コさ返して呉ろ。また用立てっから」
とて、ぱらり消えですまたけど。爺さま、
 「尊(とうと)い、とォとい」
とて拝(おが)んで、お膳持って帰り、婆様と二人めでたいお年越しのお振舞(ふるま)いコしたど。
 明げでお正月になっで、またの御馳走ばいただぐべとて、爺さま沼コさお膳返すべどしたら、婆さま欲張(よくば)って、膳椀を返すの惜すくなって、
 「爺さま、お前ばり返してござれ」
とて言ったど。

 爺さま、仕方なく一揃いのお膳だけ沼さ返したずも。
 そすたらば、それ沈んだぎりで、なんぼ待っででもお正月の御馳走盛ったお膳コァ呉んねがったど。
 家さ帰ってみっど、婆さまのお膳もお椀もいつの間にか消えてすまっだど。
 爺さまァ、神様の言ったこど守らねさえ、罰(ばち)当っだど。
 
 ドンビン バラリ。

 
img_02挿絵:かわさき えり

「沼の貸し膳」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

沼の貸し膳(ぬまのかしぜん)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

蛇の目玉(へびのめだま)

蛇の目玉(へびのめだま)

むかし、あるところに貧(まず)しい木樵り(きこり)がおったと。あるとき木樵りが山へ入るとどこからか女のうめき声が聞こえてきた。声のする方に近づいてみ…

この昔話を聴く

狐の仇討(きつねのあだうち)

狐の仇討(きつねのあだうち)

 むかし、ある村に藤六(とうろく)という百姓(ひゃくしょう)がおったと。  ある日のこと、藤六が旅から村に帰って来る途(と)中、村はずれの地蔵(じぞう)堂のかげで、一匹の狐(きつね)が昼寝(ね)しているのを見つけた。

この昔話を聴く

雪姫(ゆきひめ)

雪姫(ゆきひめ)

昔、あるところに東長者(ひがしちょうじゃ)と西長者(にしちょうじゃ)とがあった。東長者には使用人が三百六十五人もいた。雨風の強い日があれば使用人は田…

この昔話を聴く

現在752話掲載中!