※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ばけだぬきとおしょう
『化狸と和尚』

― 山形県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかしあったと。
 あるところに人里(ひとざと)離(はな)れた寺があったと。
 来る和尚(おしょう)さまも、来る和尚さまも、みんな何かの化物(ばけもの)にとって食われて、次の日には居(い)なくなってしまう。
 村では、和尚さまが居なくては法事(ほうじ)も出来ん。困っておったと。

 ある時この寺に、どことなくとぼけた顔の和尚さまがやって来たと。

 
化狸と和尚挿絵:かわさき えり

 村人たちは、こんな和尚さまでもまたまた化物に食われては大事(おおごと)だと言うて、村の中に一軒(いっけん)、家を用意して住まってもらうことにしたと。


 村の長(おさ)が、和尚さまに今までの事を話したと。
 「そんな訳(わけ)で和尚さま、寺は通い寺っちゅうことにしましただ。明るい内だけ寺に居て、暮(く)れ方には寺を出て下せえ」
 「ご厚志(こうし)ありがたい、ナマンダブ、ナマンダブ。が、何ですのう、仏さまが『これも身の修業(しゅぎょう)、寺に住まってみよ』と、こう言っとられるからして……」
というて、気にしない風(ふう)だと。そして、頭をつるり、つるりなでまわしながら、その寺へ入って行ったと。


 夜になって、和尚さまは囲炉裏(いろり)に火を焚(た)き握(にぎ)り拳(こぶし)ほどの石をくべておいたと。
 「温(ぬく)い、温い」
言うていたら、
 「お晩です」
言うて、一人の旅の僧(そう)が入って来たと。

 「和尚さま、一晩、泊(と)めてくんねぇか」
 「どうぞ、どうぞ、ささ、こっちへあがって、火さあたれ。おれも来たばかりで蒲団(ふとん)もないから、二人して腹(はら)あぶりして夜を明かすべ」
いうて、二人して火に腹あぶりしたと。
そのうち、旅の僧がコックリ、コックリ眠りかけたと。


 和尚さまも火箸(ひばし)に手をかけて、頭を垂(た)れて眠ったふりをしたと。そうしてうす目を開けて、旅の僧の様子をうかがっていたと。

 しばらくしたら、旅の僧は着物の前をはだけて、金玉(きんたま)の袋(ふくろ)をのばし始めたと。
 ググーッとのばしては和尚さまを見、グイーッと広げては和尚さまを見るのだと。
 金玉袋はのばしにのばし、広げに広げて、一反風呂敷(いったんふろしき)ほどになったと。和尚さまは、
 「やっぱり、おれの思った通りだ」
思うて、今度はもっと頭を垂れて、深く眠ったふりをした。そしたら、旅の僧は、広げたそれを和尚さまに被(かぶ)せて、和尚さまを包み捕(と)ろうとしたと。


 和尚さま、火箸でまっ赤に焼けた石をつかむと、ひょいと、その中に入れてやった。
 その途端(とたん)
 「ぐゎぁぁー」
と、ものすごい悲鳴(ひめい)をあげて、土間(どま)に転げ落ち、戸にぶつかり破(やぶ)って逃(に)げて行ったと。

 次の朝、村の衆(しゅう)がおそるおそるやって来た。
 「和尚さま、いたか」
 「いた、いた」
 「化物でないかや」
 「いやいや、本当の和尚だ」
 「ほだか、いや、よがった。ゆんべ、夜さりに大っきな悲鳴が聞こえたもんだで」
 「ほだかや、化物が逃げて行った声だ。裏山に穴があるべから、行ってみるべか」
いうて、村の衆に真っ赤な南蛮(なんばん)を干(ほ)したのを集めさせ、裏山へ行ったと。


 穴を見つけて、その入り口で火を焚いて、南蛮をいぶしたと。煙(けむり)をあおぎ込んでやったら、穴の中のものは、夕(ゆ)んべは金玉袋に焼け石を入れられる、今朝は南蛮いぶしにされるで、せつなくて、せつなくて、這(は)い出て来たと。
 「それっ」
って、みんなで捕(と)ってみたら、大っきな古狸(ふるだぬき)であったと。

 それからは、その寺に化物は現れなくなって、どことなくとぼけた顔の和尚さまは、村人たちから、えらい和尚さまだと崇(あが)められて過ごしたと。
 
 むかし、とーびん。

 
化狸と和尚挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

牛になった小僧(うしになったこぞう)

牛になった小僧(うしになったこぞう)

昔トントのまた昔。あるところに貧乏な家があって、爺(じ)さまと婆さまが暮らしておったと。ある冬の吹雪の夜、「ごめんなんしょ」って、戸を開けて入って来…

この昔話を聴く

吹っとび話(ふっとびばなし)

吹っとび話(ふっとびばなし)

 むがし、あるところに若い侍があって、戦でえらい手柄をたてたども、殿さまはどうしたことか恩賞をくれなかった。  そこで、浪人して、武者修行の旅に出はた。

この昔話を聴く

狸の恩返し(たぬきのおんがえし)

狸の恩返し(たぬきのおんがえし)

昔、ある山の中に貧しい炭焼きの夫婦が小屋を作って住んでおったそうな。女房が夜なべ仕事に糸車をカラカラまわして糸をつむいでいると、狸がたくさん集まって…

この昔話を聴く

現在720話掲載中!