※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ぞうにもちのはじまり
『雑煮餅のはじまり』

― 山形県 ―
話者 佐藤 孝一
再話 武田 正
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 弘安(こうあん)四年、西暦(せいれき)では一二八一年、今からおよそ七〇〇年以上もの昔、九州の福岡県の博多(はかた)あたりの浜辺(はまべ)へ、海をへだてた隣(となり)の国、元(げん)の軍隊がたくさんの軍船に乗ってせめ寄ってきた。

 元軍の戦い方は何人もの兵隊が共同して戦う。それに対して、日本軍(にっぽんぐん)の戦ぶりは「われこそは」と名乗って、一人で行った。いくら強くても、一人対多勢(おおぜい)ではかなわない。さんざんに負けた。もう全滅かというときになって、台風がこのあたりを襲(おそ)った。元軍は何百何千艘(そう)もの船をもやいて、我(われ)先に帰ろうとした。

 
ところがあまりにも船がたくさんで、あっちでぶつかり、こっちでぶつかり、大波をかぶってひっくり帰ったりで、元軍の方が全滅(めつ)したと。何とか元に帰れたのは、たった数人だったと。日本の戦人(いくさびと)たちは、神風が吹(ふ)いたというて喜んだ。

 だが、次に攻(せ)めてくるときには、虎(とら)を連れてくるぞ。虎というのは人間をひとかみだ。それから大砲(たいほう)というものを積んでくるぞ。大砲もまた人間を幾人(いくにん)となく吹っとばす。
 どうしたらいいか、みんなで考えた。そしたら頭のいい人が、
 「日本国中の撞鐘(つりがね)を全部向うさ向けろ。そうすると、元軍は船の上から遠眼鏡(とおめがね)で見て、『これぁ、日本にもすごい大砲がある』と、こういう風に見えるだろう」
というた。


 大砲の問題はまずこれでよろしい、ということになった。
 次に、虎をいっぱい連れてきて、あばれられたら困(こま)る。ところかまわず喰(く)い散らかされたのでは何とも仕様がない。虎より荒(あら)い動物がどこかにいねえもんか、とみんなで相談した。そしたら頭のいい人が、
 「いた」
 「何だ」
 「象だ。象には虎もかなわない」
 「象っていうの、どんなもんだ」
 「そこまでは識(し)らん」
というた。

 象を見たことある人が誰(だれ)もいなかった。で、はるばる京へのぼって、印度から来たバラモン僧(そう)に象というものを教わった。


雑煮餅のはじまり挿絵:かわさき えり
 
 「足は丸太ん棒(ぼう)立てたようだ。耳は百姓(ひゃくしょう)の箕(みの)のようだ。でっかくて、バサバサって動く。鼻はずっと長くて、頭はこんな具合で、背中(せなか)はこうだ」
と、教えられた。絵に画(か)いて持ち帰ったと。


 「そうか象とはこんなもんか。よし、じゃあこいつは何で作ったらええか」
 「足は丸太でいいとして、他のところはどうする」
 「よし、ええことある。餅(もち)米をたくさん集めて、餅でこしらえたらええがんべ」
 「ええがんべ」
ということになって、餅で作った象を何十体もタタラ浜へ並(なら)べ立てた。
 ところが待てども待てども、元軍は攻めて来なかったと。

 象はからからに乾(かわ)いてひび割(わ)れてきた。おまけにカビがはえてきた。
 「元軍も攻めてこないようだし、象をこのまま腐(くさ)らかすのももったいないし、どうするか」
って、また皆(みな)して相談したと。
 頭のいい人がいて、
 「ぶったたいて、食ったらいい」
というた。


雑煮餅のはじまり挿絵:かわさき えり
 
 それがいいということになって、大勢の兵士で象をこわしては食い、こわしては食いしたと。このとき、野菜とか、肉とか、魚とか、なんでもかんでも雑多(ざった)に入れて喰ったら、とてもうまかったと。
 これが雑煮(ぞうに)餅のはじまりだと。
 
 とっぴんからりんねけど。

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

一休さんの引導(いっきゅうさんのいんどう)

一休さんの引導(いっきゅうさんのいんどう)

むかし、京の都に一休(いっきゅう)さんと親しまれた立派な和尚(おしょう)さんがおられた。その一休和尚さんが、和尚さんになる前の、まだずっとこんまいと…

この昔話を聴く

脂とり(あぶらとり)

脂とり(あぶらとり)

むかし、あるところにひとりの男がおった。男は、京、大阪を見物しようと旅に出たと。旅の途ちゅうである宿に泊(とま)ったら、宿の人たちが、「ようおこしに…

この昔話を聴く

河童岩(かっぱいわ)

河童岩(かっぱいわ)

むかし、ある川の中に一ぴきの河童が棲んでいたと。ある時、子供達が大勢集まって、川の中に白い小石を投げ込んでその小石を取りあいっこしては遊んでいた。す…

この昔話を聴く

現在733話掲載中!