※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

やまのかみのむがし
『山の神のむがし』

― 山形県最上郡真室川町 ―
話者 佐藤 マスエ
再話 野村 敬子
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むがし、むがしな。
 むがし、あったじょ。山形県最上郡真室川町(やまがたけんもがみぐんまむろがわまち)の西郡(にしごおり)は山深い所にある里だけど。
 西郡衆(にしごおりしゅ)じゃ炭焼ぎの名人ばりでな。西郡じゅうの山の木なの、全部わ(自分)の庭ぐれに覚えでいたもんで。そごに、うんと山歩ぎの上手だ男いでだど。あるとき、なんたぐあいだがぼえっと道迷ったけど。


 「おかすんげ(妙な具合)だちゃな。こゆごとあっぺが(こういうこともあるだろうか)」
どて、うろうろどんしてるうちに夜間(よんま)になってすまった。困ってだらば、向こうの方さ灯(あがり)が見えてきた。
 
山の神のむがし挿絵:福本隆男


 「あそごの家で、夜の雨露(あめつゆ)ばりもしのぐべ。まず願ってみるべっちゃな」
て、行ったった。
 すっと、小屋こだと。小屋こさ囲炉裏(いろり)があって、その囲炉裏さ火がかんかんとおぎでるなだけ。ほんで、その男、
 「どうも不思議(ふしぎ)なごどで道迷ってすまた。どうが一夜の宿をさせでころちゃ」
ど、願ったった。

 そこさ爺(じい)が居でな。
 「ほう、そりゃあ、難儀(なんぎ)したべ。まず、あだれ、かんかんて火がおぎったさげ」
て、小屋さ入れでくったったどお。

 
山の神のむがし挿絵:福本隆男

 見れば、囲炉裏の中で、捕(と)ったばかりの雑魚(ざっここ)、串(くし)さ刺さってよ、ぐりーっと火の囲(まわ)りばとり巻(ま)いでだけど。その男、
 「なえだて、この魚こ、随分(ずいぶん)見応(みごた)えのあるごどな。こんげぇに、ぐりーっと火ばとり巻(ま)いで、何のごんだべ。まず、まず」
ど、不思議に思ったったべ。


 腹も減って、ぐうぐうじゅうし(というし)、うんと美味(うま)そださげ、爺が戸の口の処(ところ)さ、木っ端(こっぱ)でも拾いに出はったときに、この一匹喰(く)ってやるべど思で、その男、待ぢっだった。そしだら爺、
 「ほう、火コ弱ぐなっぢゃぁ、良ぐねな。木ば持って来るさげて、魚こば見ででくろやな」
ど、もさらもさら外さ出はってた。
ほらいまだ、どて、火の囲りぐりーっととり巻いている魚コのうぢ、真ん中へんの目立たねよだな一匹喰ってしまったった。して、爺だどしても見つからねべしって、知らね振りして、一本二本ずらしてな、火の尻(しり)でも突(つ)いでる振りして、かくらかくらど頭こ振ってだど。

 
 そこさ爺が戻ってきた。ジロッと見だけ、
 「兄まや、われ(お前)ま喰った魚なの、大(お)ん事(ごと)するぞ。あれはぁ、二十一の歳(とし)であった。せっかく俺が護(まも)ってだなに、罪深(つみぶか)い兄まだじゅ」
て、魚ば炙(あぶ)ってる。その男、
 「こんげにあるのに、一匹でもわがるながや。まずたまげだ」
て、ほんで、その火の側(そば)で一晩眠って、次の日やっとわ(自分)の炭焼ぎ小屋さ戻ったった。


 ほんで、次の朝ま村さ戻って来た。
 ほしたら庄屋(しょうや)の家の一人娘、昨夜(ゆんべ)死んで、これがら葬式(そうしき)だ。
 「お前も手伝いに出ななんねぞ」
て、向かいの家の嫁こ行ぐけど。
 その男、不思議でなんね。わの家さぶっ飛(と)んでった。そしだら、わの嫁(よめこ)も、
 「二十一の命であったど」
ていうど。その男は、
 「ほんならばあれは、山の神であったが。俺(おら)が喰った雑魚が、庄屋の娘だったが。まずたまげた」
て、それっきり寝込(ねこ)んですまたったど。


 山の神じゃ、人の生命綱ば握(にぎ)ってるもんだど。山さ入っても、山の神の木なの、あんまりちょす(いじる)もんでねど。
 
 どんべからっこ、ねけど。
 

「山の神のむがし」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

『マナー』は重要だ。 山の神からの罰に『寛容』は無しッ!( 20代 / 男性 )

怖い

恐ろしい。( 50代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

緋鯉の恩返し(ひごいのおんがえし)

緋鯉の恩返し(ひごいのおんがえし)

むかし、あるところに貧乏な若者が住んでおったと。若者は川のそばに、小っぽけな田んぼを作って暮らしておったと。あるとき、雨が降り続いたので、田の水をは…

この昔話を聴く

かしこ淵(かしこぶち)

かしこ淵(かしこぶち)

むかし、陸前の国、今の宮城県にひとりの男がおった。ある日、男が谷川で魚釣りをしていたと。ところが、その日はどういうわけか一匹も魚が釣れなかった。

この昔話を聴く

狐娘と伊勢詣(きつねむすめといせもうで)

狐娘と伊勢詣(きつねむすめといせもうで)

昔あったけド。あるどこの兄マ、妙法寺(みょうほうじ)さんのどご通て行たバ、七曲さんのどごがら、狐、チョコチョコと出で来で、松葉拾(ひろ)うて頭さチョンと乗せてで、あっちキョロ、こっちキョロ見っでモノ。

この昔話を聴く

現在829話掲載中!