※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

しょうがつのうたよみ
『正月の歌詠み』

― 山形県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。あるところにお姑(しゅうとめ)さんと嫁(よめ)とお手伝いがいたと。
 
正月の歌詠み挿絵:福本隆男


 ある年のお正月に、お姑さんが、
 「今日は正月休みだ。正月にはお天子様(てんしさま)のところでは歌会(うたかい)をもよおすそうだが、ひとつ家(うち)でもやってみようかね」
というた。嫁が、
 「歌会にはお題(だい)というのを決めて、必ずそれを入れて詠(よ)むそうですが、何にします」
と聞いた。お姑さんが、
 「そうだねぇ、そんなら、歌の尻(しり)に必ず、二つ三つ四つと付けて詠むというのはどうかね」
というたら、嫁が、
 「変なお題」
というた。お姑さん、嫁にけなされてカチンときたと。


 「先(ま)ずは嫁、お前(め)からだ」
というたら、嫁は、この家に嫁(とつ)いでくる前にお姑さんからもらった手紙のことを歌にした。
  是非(ぜひ)嫁にと貰(もら)った文(ふみ)はうれしいが
   読めない文字が 二つ三つ四つ
お姑さん、ますますカチンときた。が、正月だから怒るわけにもいかん。そこで
 「次は俺(お)れが詠む」というて、
  やがてみな臑(すね)も太れば気も太る
   可愛(かわい)いさかりは 二つ三つ四つ
と、嫁の顔を見ながら詠んだ。
 嫁はにっこりして受け流したと。
 次はお手伝いの番になった。お手伝いは、
  たまさかに会(お)うたうれしさ夏の夜の
   汗をかきかき 二つ三つ四つ
と、すまして詠んだ。

 
正月の歌詠み挿絵:福本隆男

 お姑さんも嫁さんも、昔をなつかしむような顔になって、一ぺんに場がなごんだと。
 とーびんと。
 

「正月の歌詠み」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

正月の歌詠み(しょうがつのうたよみ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

臼売ったもん(うすうったもん)

臼売ったもん(うすうったもん)

むかし、あるところにひとりの商人(あきんど)がおった。あるとき商人は、兵庫(ひょうご)の淡路島(あわじしま)へ行ったと。一通り仕事も終え、船着場(ふ…

この昔話を聴く

往生の薬(おうじょうのくすり)

往生の薬(おうじょうのくすり)

むかし、むかし、あるところに姑(しゅうとめ)と嫁(よめ)とが一緒に暮らしていたそうな。姑と嫁はたいそう仲が悪かったと。姑は嫁のやることなすことすべて…

この昔話を聴く

刈り盗ったのは誰(かりとったのはだれ)

刈り盗ったのは誰(かりとったのはだれ)

とんと昔があったけど。ある日、ネズミとイタチが道で出会うたと。ネズミが、「イタチどん、イタチどん、おら粟の穂三穂持っている。一緒に種蒔きしねか」と言うたら、イタチが、「そりゃ、いいども。育ったらどうする」 と聞いたと。

この昔話を聴く

現在837話掲載中!