※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ねこのな
『猫の名』

― 山口県 ―
再話 宮本 常一
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに爺(じい)と婆(ばあ)があったと。
 爺と婆は二人暮(ふたりぐ)らしでさびしいから、猫(ねこ)を一匹(いっぴき)もろうてきて飼(こ)うていたと。
 しかし、その猫には名前(なまえ)がついてなかった。何とつけたらいいかと、爺と婆がある日コタツの中で相談(そうだん)したと。

 
猫の名挿絵:かわさき えり

 婆が、
 「爺、爺。猫つうものは、犬(いぬ)とよう喧嘩(けんか)して負(ま)けるけえ、犬とつけたらよかろう」
と言うた。すると爺が、
 「わしが考(かんが)えてみるのに、犬よりは虎(とら)の方が強(つよ)いけえ、虎をつけた方がええと思う」
と言うた。
 「それもいいが、虎に負けんもんに竜(りゅう)がいる。竜は雲(くも)に乗(の)って天(てん)へのぼることが出来る。虎よりは竜の方がええと思うが、どうじゃろう」
「なんの、なんの。まあまてまて。なるほど竜は強いが、竜は一人で天へのぼることが出来るかの」
 「そりゃ雲が無(な)けりゃ天へはあがられんよ」
 「そんなら雲の方がえらいけえ、雲とつけようか」
 「でも、雲は風(かぜ)に吹(ふ)き飛(と)ばされるけえ、雲よりは風の方がええ」
 爺さんなるほどと思うた。

 思うたところへ風がぷうぷう吹いてきて寒(さむ)いから、
 「婆、障子(しょうじ)をしめえ」
と言うと、婆は立って障子をしめてきたと。
 障子をしめたら風が入らなくなって温(ぬく)うなってきた。そしたら、爺が、背中(せなか)をまあるくしてコタツにあたりながら、
 「やれ風よりは障子の方がええわい。猫の名前は障子がええ」
と言うた。猫もうれしそうにニャンゴロロンと啼(な)いていたが、そのうちに障子を破(やぶ)ってコタツの中に這入(はい)って来た。
 それを見た婆が、
 「爺、爺。障子よりはやっぱり猫がえらいわいの。猫の名は三毛(みけ)でよかろう」
と言うたと。

 年よりの分別(ふんべつ)つうもなぁ(というものは)、それくらいのもんよ。

  申(もう)すばっかり猿(さる)のつべはきっかり。

「猫の名」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

猫の名(ねこのな)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

彦左と河童(ひこざとかっぱ)

彦左と河童(ひこざとかっぱ)

むかし、瀬戸(せと)に彦左という力のめっぽう強い男がおった。ある夏の日、古池(ふるいけ)という大きな溜池の下手(しもて)にあるたんぼで一日じゅう草取…

この昔話を聴く

鬼婆と臍玉(おにばばとへちょだま)

鬼婆と臍玉(おにばばとへちょだま)

 誰だべと思って、娘ァ窓のどこさ行ってみだけァ、鬼婆(おにばば)であったど。  鬼婆ァ窓開けで、どだどだど家の中さ入って来たど。そして、  「その糸、よごせ」 って叫(さが)んで、娘がら糸玉ば取ってしまって、むしゃむしゃど喰(く)ってしまったど。

この昔話を聴く

蛸の脚七本(たこのあしななほん)

蛸の脚七本(たこのあしななほん)

むかし、海べの村に、ひとりの婆さんが住んであった。婆さんは毎日浜へ出ては貝(かい)などを採(と)り、それを売って暮らしていたと。ある日のこと、婆さん…

この昔話を聴く

現在757話掲載中!