※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『としくらべ』

― 山口県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔話の中には、後世(こうせい)に語り継がれるかどうか、よくわからない話が沢山(たくさん)あります。
 はたして生き残るのか、はたまた消えてしまうのかは、そのお話の生命力次第ですから、無用の心配はしないで、今ある話をただ単純(たんじゅん)に、あははと笑っていればいいのかもしれません。
 これもそんなお話のひとつ。
 
むかし、むかしの大昔。
 あるところに、三浦大介というお爺(じい)さんがあった。

 
 ある日のこと、大介爺さんは、
 「世の中に、このわしほどの年寄りは生きておるまいて、もう生まれてから百六年にもなる」
と、ひとりごちしながら道を歩いていたと。
 すると、うしろから、
 「お若いの、お若いの。あんたどこへ行ってかの」
という声がした。
 
としくらべ挿絵:福本隆男

  
 大介爺さんは足をとめ、後ろをふりむいて、
 「お若いのとは何をいいんさるか。この三浦大介は百六歳じゃ」
というた。
 すると相手は、
 「この浦島太郎は八千歳じゃ」
というてきた。大介爺さん、
 「いや、まいりました」
とあやまったと。
 
 それから二人して、いくがいくがいくと、森の出口で、岩の上に胡座(あぐら)をかいている一人の老人と出逢うた。その老人が、
 「そこのお若い二人、どこへ行ってかの」
というので、二人は足をとめ、

 
としくらべ挿絵:福本隆男
 
 「何を言いんさるか、若いのとは。この三浦大介は百六歳」
 「浦島太郎は八千歳じゃ」
というた。すると老人は、
 「この東坊作(とうぼうさく)は九千歳じゃ」
というた。これには二人もおどろいて、
 「いや、まいりました」
 「まいりました」
とあやまったと。


 それから三人して、いくがいくがいくと、向こうから一人の老婆(ろうば)がやってきた。老婆が、
 「お若いの、三人してどこへ行ってかの」
と、三人の顔をかわるがわる見ながらいうた。
 三人は足をとめ
 「何を言いんさるか、若いのとは。この三浦大介は百六歳」
 「浦島太郎は八千歳」
 「東坊作は九千歳」
と、口ぐちに言うた。すると老婆は、
 「わたしゃあ、七億婆(ななおくばあ)でござります」
というた。

 
としくらべ挿絵:福本隆男

 これには三人ともども舌をまき、
 「いや、まいりました」
 「まいりました」
 「まいりました」
と、あやまったと。
 
 これきりべったりひらのふた。

「としくらべ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

としくらべ

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

金神様(かねがみさま)

金神様(かねがみさま)

むかしあったけど。あるところに若い夫婦がいてあったと。夫なる男は大層臆病者で、晩げには外の厠へ一人で小便にも行けないほどだと。妻は夫の臆病を治してやるべとて、夕顔のでっこいのを六尺棒に吊るして門口さ立てておいたと。

この昔話を聴く

座敷わらし(ざしきわらし)

座敷わらし(ざしきわらし)

昔、あったけど。昔、ある村に親方衆(おやかたしゅう)の婆(ばば)がおったけど。ある日、婆は、間もなく昼になるので畑で働いている家の者へ昼飯届けるかな…

この昔話を聴く

雉女房(きじにょうぼう)

雉女房(きじにょうぼう)

むかし、あるところに貧乏な若者が一人暮らしておったと。ある冬の日、雉(きじ)が鉄砲撃(てっぽうう)ちに追われて薪木(まきぎ)を積み重ねたかこいにささっているのを見つけて、助けてやったと。

この昔話を聴く

現在784話掲載中!