※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『としくらべ』

― 山口県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔話の中には、後世(こうせい)に語り継がれるかどうか、よくわからない話が沢山(たくさん)あります。
 はたして生き残るのか、はたまた消えてしまうのかは、そのお話の生命力次第ですから、無用の心配はしないで、今ある話をただ単純(たんじゅん)に、あははと笑っていればいいのかもしれません。
 これもそんなお話のひとつ。
 
むかし、むかしの大昔。
 あるところに、三浦大介というお爺(じい)さんがあった。

 
 ある日のこと、大介爺さんは、
 「世の中に、このわしほどの年寄りは生きておるまいて、もう生まれてから百六年にもなる」
と、ひとりごちしながら道を歩いていたと。
 すると、うしろから、
 「お若いの、お若いの。あんたどこへ行ってかの」
という声がした。
 
としくらべ挿絵:福本隆男

  
 大介爺さんは足をとめ、後ろをふりむいて、
 「お若いのとは何をいいんさるか。この三浦大介は百六歳じゃ」
というた。
 すると相手は、
 「この浦島太郎は八千歳じゃ」
というてきた。大介爺さん、
 「いや、まいりました」
とあやまったと。
 
 それから二人して、いくがいくがいくと、森の出口で、岩の上に胡座(あぐら)をかいている一人の老人と出逢うた。その老人が、
 「そこのお若い二人、どこへ行ってかの」
というので、二人は足をとめ、

 
としくらべ挿絵:福本隆男
 
 「何を言いんさるか、若いのとは。この三浦大介は百六歳」
 「浦島太郎は八千歳じゃ」
というた。すると老人は、
 「この東坊作(とうぼうさく)は九千歳じゃ」
というた。これには二人もおどろいて、
 「いや、まいりました」
 「まいりました」
とあやまったと。


 それから三人して、いくがいくがいくと、向こうから一人の老婆(ろうば)がやってきた。老婆が、
 「お若いの、三人してどこへ行ってかの」
と、三人の顔をかわるがわる見ながらいうた。
 三人は足をとめ
 「何を言いんさるか、若いのとは。この三浦大介は百六歳」
 「浦島太郎は八千歳」
 「東坊作は九千歳」
と、口ぐちに言うた。すると老婆は、
 「わたしゃあ、七億婆(ななおくばあ)でござります」
というた。

 
としくらべ挿絵:福本隆男

 これには三人ともども舌をまき、
 「いや、まいりました」
 「まいりました」
 「まいりました」
と、あやまったと。
 
 これきりべったりひらのふた。

「としくらべ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい

ええっ!とびっくりしながら笑ってしまいました。挿絵もおもしろいですね。( 50代 / 女性 )

楽しい

そんなに生きられないよ!

驚き

そんなに生きれる! ( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

船幽霊(ふなゆうれい)

船幽霊(ふなゆうれい)

むかし、ある年のお盆の夜のこと。ある浜辺から、一隻(いっせき)の船が漁(りょう)に出掛けて行った。その晩は、風も静かで、空にも海にも星が輝き、まるで…

この昔話を聴く

聞き耳頭巾(ききみみずきん)

聞き耳頭巾(ききみみずきん)

むかし、むかし、あるところに大層(たいそう)心の優しいひとりの若者がおったと。ある日のこと、若者が海辺をあるいていたら、砂の上に大波にでも押し上げら…

この昔話を聴く

正月二日の夢(しょうがつふつかのゆめ)

正月二日の夢(しょうがつふつかのゆめ)

むかし、あるところに貧乏な一人者の男がいて、山の畑に黒豆をまいて真面目に働いておったと。正月二日の晩に、夢枕に神様が立って、こう言うんだと。

この昔話を聴く

現在823話掲載中!