※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

かっこうどりとままはは
『かっこう鳥と継母』

― 山梨県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに継母(ままはは)があったと。
 五月のあるお陽さまのいい日に、継母は山の畑へ麦刈り(むぎかり)に行った。
 出しなに、継子(ままこ)に昼時(ひるどき)には弁当(べんとう)を持って来るように言いおいた。
 昼時になったので、継子は弁当を背負(せお)って山へ行った。
 「おっ母(か)ぁ、どこぞおぉ」
と呼んだが、継母の返事がない。
 「おっ母ぁ、どこぞおぉい」
 継母は、娘をいじめてやろうと思うて、畑の一番上から返事したと。
 「ここだ、ここだぞぉ」 

 挿絵:かわさき えり
 継子は、ほっとして、上の畑へ登って行った。が、継母の姿が見えない。
 「おっ母ぁ、どこぞい」
と呼んだら、ずうっと下の畑のあたりから、
 「ここだ、ここだぞ、何をぐずぐずしている」
という声がした。 

 継子は、急いでかけおりた。が、下に着いてみると、今度は一番上の畑のあたりから声がする。
 「何をぐずぐずしている。ここだ、ここだぞ」
 何回も何回も、弁当を背負って登ったり下(くだ)ったりしているうちに、身体の弱い継子は、とうとう倒れて死んでしまったと。
 継母はその罰(ばつ)で、かっこう鳥になり、
 「かっこう、かっこう」
と、口がさけて血が出るまで、日に八千八声(はっせんはちこえ)啼(な)きつづけなければならなくなったのだと。
 もし、それだけ啼かないと、口から蛆(うじ)が湧(わ)いてくるのだそうな。

 いっちん さけぇ。 

「かっこう鳥と継母」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

怖い

可愛いそう

こんなおはなしも聴いてみませんか?

狐と熊(尻尾の釣り型)(きつねとくま おっぽのつりがた)

狐と熊(尻尾の釣り型)(きつねとくま おっぽのつりがた)

 むかし、むかし。  ある冬の寒い日に、漁師(りょうし)が氷に開けた穴から釣(つ)り糸をたれて、数匹(ひき)の魚を釣り上げたと。  「どれ、寒くもあるし、腹(はら)もすいたし、こんなところで、帰るとするか」 というて、橇(そり)に魚を乗せて帰ったと。

この昔話を聴く

虱と蚤の由来(しらみとのみのゆらい)

虱と蚤の由来(しらみとのみのゆらい)

昔、昔、ある山の中に一軒(いっけん)の家があったと。おっ母と童(わらし)と二人、いてあったと。畑をちょっとと、お蚕(かいこ)さんをちょっと持っていたと。

この昔話を聴く

一軒家の婆(いっけんやのばあ)

一軒家の婆(いっけんやのばあ)

むかし、ある村に重兵衛という若者がおったと。ある冬の朝、重兵衛は用事があって、隣りの町へ出かけたと。川っぺりの道を、いくがいくがいくと、行く手の崖(…

この昔話を聴く

現在853話掲載中!