※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

いいまけだぬき
『言いまけダヌキ』

― 山梨県 ―
再話 大島 廣志
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、甲斐(かい)の国、今の山梨(やまなし)県のある村に一人の旅人がやって来た。そして、
 「村の衆(しゅう)、わしは医者だけんど、この村に住まわせてくれんかー」
というた。
 村の人たちは、医者がいなくて困っていたところだから、
 「それはありがたい。いつまでもいてくれろ」
と、喜んだ。ところが、医者どんの住む家がない。仕方なく、村から少し離(はな)れた荒(あ)れ寺に住んでもらうことになった。医者どんは、たった一人でその荒れ寺で暮(く)らしておった。

言いまけダヌキ挿絵:かわさき えり
 ある夜のこと。
 医者どんが寝(ね)ていると、裏(うら)の笹(ささ)ヤブが、ガサ、ガサ、と鳴っている。
 「はて、何じゃろう」
といぶかっていると、その内に何かが寺の縁側(えんがわ)にあがりこんで、ミシ、ミシ、と音をたてた。
 さぁ医者どんはぶったまげて、頭から布団をかぶってガタガタと震えておった。

 そうしたら、その何かが、割(わ)れ鐘(かね)を叩(たた)いたような声で、
 
 〽 医者どんの頭をステテンコテン
   医者どんの頭をステテンコテン
 
と、どなった。が、そのあとはシーンとして、なーんの音もしない。
 医者どんは、
 「こりゃぁ、化け物のしわざにちがいない」
と思って、次の朝まだ早いうちから村に行き、村人達に昨日の夜のことを話した。そうしたら、元気のええ若い衆が何人も、今夜寺に泊(とま)ってくれるということになった。

 なにしろ、みんな元気がええもんだから、夜になると、寺のイロリにまきをいっぺぇくべて、さぁ、化け物、出てこい!とばかりに待っておった。

 夜も更(ふ)けたころ、ゆうべと同じように、裏の笹ヤブが、ガサ、ガサ、ガサ、ガサ、と鳴った。そして、次に、寺の縁側で、ミシ、ミシと音がした。
 するとまた、
 
 〽 医者どんの頭をステテンコテン
   医者どんの頭をステテンコテン
 
と、割れ鐘のような大声がした。
 今夜はこっちも大勢(おおぜい)だから気が強い。村の若い衆が声をそろえて、
 
 〽 そんな事言う者(もん)の頭をステテンコテン
   そんな事言う者(もん)の頭をステテンコテン
 
とどなり返した。

 そうしたら、化け物は、負けじとばかりに、さっきより大声で、
 
 〽 医者どんの頭をステテンコテン
 
と言い返してきた。

 さぁ、それからは、両方でどなったり、どなり返したり、大騒(さわ)ぎ。
 そのうちに、化け物の声がだんだん小さくなって、とうとう、ウンともスンとも言わなくなってしもうた。
 
 やがて朝になって、医者どんと若い衆が外に出てみると、一匹のでっかい古狸(ふるだぬき)が死んでおった。

言いまけダヌキ挿絵:かわさき えり
  言い負かされたくやしさで、自分で自分の腹をくい切って死んでいたんだと。
 いちが さかえた。

山梨県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

磯女(いそおんな)

磯女(いそおんな)

むかし、和歌山県は里野というところに磯女(いそおんな)というものがおったそうな。磯女は、夜になると里野の岩山の上にあらわれ、この世の者とは思えない美しい娘姿で、髪の毛をすきながら歌をうたうのだと。

この昔話を聴く

大工と鬼六(だいくとおにろく)

大工と鬼六(だいくとおにろく)

むかし、あるところに、たいそう流れの速い川があったと。何べんも橋を架(か)けたことはあるのだが、架けるたんびに押し流されてしまう。「なじょしたら、こ…

この昔話を聴く

鶴女房(つるにょうぼう)

鶴女房(つるにょうぼう)

むかし、むかし、あるところにひとりの貧しい若者がおったと。ある冬の寒い日のこと、若者が山へ柴(しば)を刈(か)りに行くと、鶴が一羽、パタラパタラ、落…

この昔話を聴く

現在715話掲載中!