※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

うしとかえる
『牛と蛙』

― 山梨県 ―
再話 土橋 里木
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに蛙(かえる)の親子が暮(く)らしておった。
 ある日、子蛙が川っ端(ぱた)へ遊びに行ったら、一匹(いっぴき)の牛が草を食(は)んでいるのに行き逢(あ)った。
 子蛙は生まれてから、まだ牛を見たことがなかったから、びっくりして、あわてて家に帰ったと。そして、
 「お母、お母、おらァ今、とてもでっかいもんに行き逢った」
と言って、親蛙にそのことを話した。

 
牛と蛙挿絵:かわさき えり

 
親蛙が、
 「そりゃ一体なんだぁ」
ときくと、子蛙は、
 「お母も識(し)らんのかぁ、なんだか知らんけんど、とてもでっかい物(もん)だぁ」
というた。親蛙は、
 「そんなでっかい物は、やたら世の中にあるもんじゃない。お母だって、かなりでっかい方だぞ。どうだ、それァ、この位もでっかかったか」
と言いながら、自分の腹(はら)をウンと膨(ふく)らませて見せた。


 それを見た子蛙は、
 「ウーン、まっと、まっとでっかかった」
と言った。親蛙は、
 「そんじゃ、この位か」
と言いながら、また、グーンと腹を膨らませた。
 子蛙は、
 「とてもとても、もっともっと、山のようにでっかいもんだった」
と言うた。

 
 親蛙はくやしくなったと。どうしてもそのでっかいもんに負けたくなくなった。

 「どうだ、この位か」
 「まっと、まっと」
 「そんなら、この位か」
 「いんや、まっと、まっと」
 「うーん、そんじゃ、この位か」 
 

 
牛と蛙挿絵:かわさき えり
 
 このくらいか、このくらいか、といいながらウンッと力んで腹を膨らませているうちに、とうとう、腹の皮がパチンと破裂(はれつ)してしもうたと。
 
 いっちんさけえ。

「牛と蛙」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

怖い

カエルには牛の大きさに追いつけるはずないですよ! カエルがみっともないだけですね( 10歳未満 / 女性 )

驚き

はれつしてびっくりした

悲しい

親のお腹が破裂して死んじゃうなんて悲しい。( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

たなばた女房(たなばたにょうぼう)

たなばた女房(たなばたにょうぼう)

昔、ある山の村で、作物(さくもつ)を荒(あ)らしまくった狐(きつね)が、山狩(やまが)りにあって逃(に)げ場(ば)を失い、炭焼(すみや)き小五郎(こ…

この昔話を聴く

トンチンカン小僧(とんちんかんこぞう)

トンチンカン小僧(とんちんかんこぞう)

 昔、あるところに、やることなすことどこかずれてしまう小僧がおったと。  ある日のこと、主人が、  「今日は山に行って木を伐って来い」 といいつけて、焼き飯を持たせてやったと。

この昔話を聴く

吉四六さんさざえを買う(きっちょむさんさざえをかう)

吉四六さんさざえを買う(きっちょむさんさざえをかう)

むかし、大分県の野津市というところに、吉四六という知恵者の男がおった。あるとき、吉四六さんが臼杵の街を通りかかると、魚屋の店先に、十個ばかりのさざえがあるのが目にとまった。

この昔話を聴く

現在853話掲載中!