※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

うしとかえる
『牛と蛙』

― 山梨県 ―
再話 土橋 里木
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに蛙(かえる)の親子が暮(く)らしておった。
 ある日、子蛙が川っ端(ぱた)へ遊びに行ったら、一匹(いっぴき)の牛が草を食(は)んでいるのに行き逢(あ)った。
 子蛙は生まれてから、まだ牛を見たことがなかったから、びっくりして、あわてて家に帰ったと。そして、
 「お母、お母、おらァ今、とてもでっかいもんに行き逢った」
と言って、親蛙にそのことを話した。

 
牛と蛙挿絵:かわさき えり

 
親蛙が、
 「そりゃ一体なんだぁ」
ときくと、子蛙は、
 「お母も識(し)らんのかぁ、なんだか知らんけんど、とてもでっかい物(もん)だぁ」
というた。親蛙は、
 「そんなでっかい物は、やたら世の中にあるもんじゃない。お母だって、かなりでっかい方だぞ。どうだ、それァ、この位もでっかかったか」
と言いながら、自分の腹(はら)をウンと膨(ふく)らませて見せた。


 それを見た子蛙は、
 「ウーン、まっと、まっとでっかかった」
と言った。親蛙は、
 「そんじゃ、この位か」
と言いながら、また、グーンと腹を膨らませた。
 子蛙は、
 「とてもとても、もっともっと、山のようにでっかいもんだった」
と言うた。

 
 親蛙はくやしくなったと。どうしてもそのでっかいもんに負けたくなくなった。

 「どうだ、この位か」
 「まっと、まっと」
 「そんなら、この位か」
 「いんや、まっと、まっと」
 「うーん、そんじゃ、この位か」 
 

 
牛と蛙挿絵:かわさき えり
 
 このくらいか、このくらいか、といいながらウンッと力んで腹を膨らませているうちに、とうとう、腹の皮がパチンと破裂(はれつ)してしもうたと。
 
 いっちんさけえ。

「牛と蛙」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

はれつしてびっくりした

悲しい

親のお腹が破裂して死んじゃうなんて悲しい。( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

カンザシをさした河童(かんざしをさしたかっぱ)

カンザシをさした河童(かんざしをさしたかっぱ)

紀州(きしゅう)、今の和歌山県西牟婁郡中辺路町(にしむろぐんなかへじまち)に伝わる話をしようかの。ガイラボシというのを知っているかな。ガイラボシとい…

この昔話を聴く

刀鍛冶秘法(かたなかじひほう)

刀鍛冶秘法(かたなかじひほう)

とんとむかし、ある刀鍛冶のところへ、兼光(かねみつ)という若い男が弟子(でし)いりしたそうな。兼光はまじめに働(はたら)いて、師匠からも気にいられ、何年かすると師匠の向こう鎚(づち)を打つまでに上達したと。

この昔話を聴く

死神の魂袋と扇(しにがみのたましいぶくろとおうぎ)

死神の魂袋と扇(しにがみのたましいぶくろとおうぎ)

むかし、あるところに病気でふせっている娘がおったと。娘の病気は日に日に重くなって、いよいよ今日死ぬか、明日死ぬかという日のこと、真夜中になって一人の…

この昔話を聴く

現在751話掲載中!