1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. みんなの声一覧 > 
  5. 「蛙の恩返し」みんなの声一覧
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

「蛙の恩返し」のみんなの声

悲しい

蛇は蛇で、食べようとしていた蛙の代わりに養ってもらえるなら、と、蛙を離したのだろうし、その言葉通り、暫くは木地師の男に養ってもらったのだから、まあ良いのかもしれない。蛙の立場からすれば、必要以上に養い続けたために病気になった男を、蛇の被害者と捉えて助けたのだとすれば、それはそれで恩返しなのだろう。( 40代 / 男性 )

悲しい

カエルは恩返しをしようとしていたけどそれは仕返しとも捉えられますね、そして一方蛇は言葉通りに来て働いてくれたが木地師が気を悪くしたので蛇は木地師の病を治そうと純粋な気持ちでしただけだったのですがね...。( 10代 )

悲しい

私は大丈夫でしたし蛇が少し可哀想だと思っただけですが、幼稚園児くらいの小さな子に読み聞かせしたら分からない単語が多かったです。( 10代 / 女性 )

悲しい

蛇は何も悪くないのに、可哀想だ。( 40代 / 男性 )

悲しい

あまり悪いへびじゃないのにかえるにだまされて可愛そうでした。( 10歳未満 / 男性 )

悲しい

あまり悪いへびじゃないのにかえるにだまされて可愛そうでした。( 10歳未満 / 男性 )

  • 1

蛙の恩返し(かえるのおんがえし)

蛙の恩返し(かえるのおんがえし) 【福島県

ざっとむかし、あるところに一人の木地師(きじし)の男があった。木地師というのは、ロクロを使って、木でまるいお椀(わん)や丸いお盆(ぼん)などを作る特…

この昔話を聴く