1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 鼠(ねずみ)が登場する昔話
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

鼠(ねずみ)が登場する昔話(全10話)

ネズミのすもう(ねずみのすもう)

ネズミのすもう(ねずみのすもう) 【新潟県

むかし、あるところに貧(まず)しい爺(じい)さと婆(ばあ)さがおったと。ある時、爺さは山へ芝刈(しばか)りに行くと木のかげから、何やらヨイショヨイシ…

この昔話を聴く

頭を剃った猫(あたまをそったねこ)

頭を剃った猫(あたまをそったねこ) 【富山県

むかし、ある寺に年をとった猫がいたと。ある日、その猫が和尚さんの前にきちんと前足を揃えて「おら、昔からたくさんの鼠を殺した罪ほろぼしに、お坊さんになりたいがで、頭を剃ってくだはれ」と、頼んだと。

この昔話を聴く

爺と猿と猫と鼠(じいとさるとねことねずみ)

爺と猿と猫と鼠(じいとさるとねことねずみ) 【鳥取県

むかしむかし、あるところに爺(じい)と婆(ばあ)が住んでおったと。二人は、婆が木綿(もめん)を機織(はたお)り、爺がそれを町へ売りに行って暮(く)ら…

この昔話を聴く

ネズミ浄土(ねずみじょうど)

ネズミ浄土(ねずみじょうど) 【石川県

とんと昔、あるところに爺(じ)さまと婆(ば)さまとおったと。ある日のこと、爺さまが山へ柴刈(しばか)りにいって昼飯(ひるめし)を食べようとしたら、に…

この昔話を聴く

山のネズミと町のネズミ(やまのねずみとまちのねずみ)

山のネズミと町のネズミ(やまのねずみとまちのねずみ) 【長野県

むかし、あるところに山のネズミがあった。山のネズミの食べる物はどんぐり、栃(とち)の実、アワにヒエだったと。山に雪が降って、食べ物をさがすのが大変だ…

この昔話を聴く

ネズミとイタチの寄合田(ねずみといたちのよりあいだ)

ネズミとイタチの寄合田(ねずみといたちのよりあいだ) 【新潟県

むかし、あるところにネズミとイタチがおって、川原でばったり出合ったそうな。「ネズどん、ネズどん。ここの草むらをおこして、二人で粟(あわ)でも蒔こうや…

この昔話を聴く

ねずみ経(ねずみきょう)

ねずみ経(ねずみきょう) 【新潟県

むかし、あるところに婆サが住んでおった。ある晩、旅の坊ンさんが道に迷ってたずねてきた。婆サは一人住まいで寂(さび)しかったものだから、喜んで、「はい…

この昔話を聴く

ネズミの金干し(ねずみのかねほし)

ネズミの金干し(ねずみのかねほし) 【山形県

昔、あるところに爺さがおったと。爺さ、山に焼畑(やきはた)に行ったと。四隅(しすみ)を畝(うな)い、木組(きぐみ)をして焼き飯を供(そな)え、山の神…

この昔話を聴く

ネズミのスモウ

ネズミのスモウ 【山形県

むかしむかし、あるところに長者殿と貧乏な爺さ婆さとが隣あってあったと。両方の家にネズミがいたと。長者殿のネズミはまるまると太り、爺さ婆さのネズミはや…

この昔話を聴く

ねずみ浄土(ねずみじょうど)

ねずみ浄土(ねずみじょうど) 【青森県

むかし、あるところに爺(じい)と婆(ばあ)がおったと。あるとき、爺は山へ木を伐(き)りに行ったと。ガッキン、ガッキン木を伐って、飯時(めしどき)にな…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦ください。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

感動
「民話の部屋」の感想

いつもたくさんの美味しいパンと素敵な民話をありがとうございます。 「子育て幽霊」のお話は子供の頃に聞いた覚えがありました。子供心に優しい幽霊の話だなぁと思っていましたが、自分が親となってから聴くと、死してなお、一切我が身を顧みる事なく子を思う母の偉大な愛に胸を打たれ、息子の隣で泣いてしまいました。 これからも素敵な民話をたくさん聞かせて下さい。( 30代 / 男性 )

感動
しのぶ地蔵」の感想

涙が止まらない( 60代 / 女性 )

驚き
狐の嫁入り」の感想

小さい頃にお母さんに、晴れているのに小雨が降ることを狐の嫁入りっていうんだよと言われ、それからずっとそんな天気になると、狐の嫁入りや!と言ってきたのですが、昔話があるとは知りませんでした。知れてよかったです!( 10代 / 女性 )

もっと表示する
感動
「民話の部屋」の感想

ブラウザで聴けることに感動しました。 こういったことが出来る企業を残すべきです。( 20代 / 男性 )

感動
縁切状」の感想

物騒なタイトルのお話だと思いながら聞いていましたが、予想外の結末にほっこり心あたたまりました。( 20代 / 女性 )

感動
二月の部屋」の感想

2月の部屋や3月の部屋あるなら123456789101112月の部屋もあるのかな( 10歳未満 / 女性 )

悲しい

方言がきつすぎる。文章を読んでいても話が頭に入ってこない。 この「民話の部屋」は、一部の民話マニア向けのものではないでしょう。 あまり独りよがりにならずに、もっと分かりやすい文章を書いていただきたい。せっかくの面白い話が台無しです。( 50代 / 男性 )

感動

北海道の生まれですが、父から聞いた一番古い先祖の話が『明治になって山形から北海道に来た馬場五郎左衛門という侍だ』でした。 私も体は小さいです。怪力はありません。( 50代 / 男性 )

楽しい
「民話の部屋」の感想

こどもと寝る前に、二話ほど聞いて寝ています。 いろいろなジャンルのお話があり、とても楽しい時間を過ごしています。ありがとうございます。( 30代 / 女性 )

感動
お月お星」の感想

今はなき曾祖母から聞いた話です。何度も何度も聞いて覚えたのか、3歳ぐらいで耳コピして母に聞かせていだそうです。今でも、ピンカラカーン、ピンカラカーンと、祖母の声が聞こえてくるようです。どなたかが書いていましたが、わたしも鐘の音はピンカラカーンでした(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )( 40代 / 女性 )